,

パレートの法則 80:20の法則

パレートの法則 80:20の法則

上位20%の原因が80%の結果を生む という法則

イタリアの経済学者、ヴィルフレドパレートが
1896年に発見したといわれる

例えば

上位20%の顧客が80%の成果を出す
上位20%の商品が80%の成果を出す

上位20%の営業が80%の成果を出す
上位20%の金持ちが80%の資産を持つ


上位20%の時間が80%の成果を出す

上位20%の欠陥が80%のトラブルの原因となる
など

パレートの法則 80:20の法則は

ランチェスター戦略の一点集中にも通じる

 

ランチェスター戦略の一点集中は

いいことに一点集中する

 

成果の出ることに一点集中する

強みに一点集中して、強みを強くする

ということ

 

持てる経営資源を成果が出る領域に一点集中して

弱者が強者に勝とうとするのがランチェスター戦略

 

ヒト、モノ、カネ、時間という経営資源を

特定の領域、顧客に一点集中すること

 

パレートの法則 80:20の法則で言いかえると、

上位20%の事柄に一点集中する

 

成果の出る20%のことに特化せよ

自社の強みである上位20%のことをさらに強くせよ

ということ


例えば、100社の顧客を担当として持った場合でも
上位20社で売上げの80%となる


時には上位10社で売上げの80%となることがある
つまり、10:80、や10:90になることもある


だから、大切にしたい上位10社に対して
営業時間の80%を使ってもいい

しかし、成果の80%を生む上位20%の顧客には
あまり時間が割かれていないのが現実と言えます

従って、営業がまずするべきは
上位20%の顧客の明確化と言えます

ところが営業の80%は顧客リストさえ持っていないことがある

そうではなく、常に成果を生む上位20%の事柄に

意識を一点集中させることが重要となる

 

その原理原則が

パレートの法則 80:20の法則

ランチェスター戦略の一点集中である

 

パレートの法則 80:20の法則は、原因と結果の法則と言える

 

ランチェスター戦略とは?

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

5W2Hとは? 

3現主義(三現主義)

PREP法
SMARTの法則 (スマートの法則)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−