,

心技体の経営

心技体の経営とは、いい経営をするコツ

 

いい経営をするためには、心技体という3つの側面が必要になる

 

@心 =こころ =考え方、フィロソフィ、経営理念


 ミッション 使命感

 ビジョン  将来像

 バリュー  価値観 

 ルール   行動指針


A技 =スキル =戦略、技術


 ランチェスター戦略 =差別化、一点集中、NO1

 80:20の法則、WH

 エリア戦略

 顧客戦略

 商品戦略

 集客戦略

 販売戦略

 顧客維持戦略

 強みと弱み対策、3C

 

B体 =実践 =行動計画

 

部門別日次決算、PL

全員参加で日々改善

数字でコミュニケーション


売上最大、経費最少(顧客数×単価、値決めは経営)

経費項目の細分化による管理会計の徹底

挨拶、掃除


といった項目に分解して一つ一つのレベルを上げてゆく

経営を科学することが大切


経営理念だけでも経営は良くならないし

経営戦略だけでも経営は良くならない

ただ気合で実践するだけでも良くならない


つまり、心技体のどれかだけを取り出すだけでは上手くいかない

従って、心技体の3つの項目


経営理念、経営戦略、実践・行動(会計)

をすべてレベルアップする必要がある


理念つくり、戦略つくり、人つくり、とも言える

 

一流の経営をするには、

一流の考え方と、一流のスキルと、一流の実践力が必要になる


どれ一つ欠けても、経営は上手くいかない