,

夏にテニス、冬にダンスをする理由

 

夏にテニス、冬にダンスをする理由

 

夏はテニス、冬にダンスをしていますが 

その理由は3

 

1 寒くてつらい

2 ケガをしやすい、治りづらい

3 花粉の季節でやりたくない

 

テニスは、気温が10度以下だと寒くてやる気が起きません(笑)

さらに、風速5M/S以上だと試合にならない

 

なぜなら、ボールが風に流されて思い通りに打てないからです

なので、北風の吹く冬だと

 

「今日、テニス・・やりたくないなぁ」と、なりがち

 

それでも昔は、テニスに情熱があって

冬でも夜でもテニスをやったことがあります

 

しかし、そういうときに限ってケガをする

冬の寒い夜にテニスで捻挫をしたときは往生しました

 

だいたい、2ヶ月は棒に振ります

 

その上、わたしの場合

2月20日から4月10日まで花粉症で外での運動がほぼできない

とほほ・・・です

 

日本中でコレだけ花粉症で困っている人がいるというのに 

農林水産省はまだ、杉を植え続けるという信じがたい暴挙に出ています 

 

責任者出てこい!と(笑) 

 

花粉症って、ただ目がかゆい、鼻水がでるというものではなく 

全身のアレルギー症状ですから 

 

生産性が3割近く落ちます 

立派な病気です 

(なにが立派か、意味がわかりませんが・・・) 

 

このように、いろいろ経験した結果、1月〜3月はなるべく外で運動しない

つまり、テニスは中断する、という判断になりました

 

でも、逆に、テニスをやらないことで

ダンスを続けることになっている

 

ここに新しい発見があるんですよね

そのあたり、また、お話しさせて頂きますね


夏にテニス、冬にダンスをする理由でした