,

ニッチ市場

ニッチ、ニッチ市場の意味


ニッチ市場(にっちしじょう)とは市場全体の一部を構成する
特定のニーズ(需要、客層)を持つ規模の小さい市場のこと。

狭義には、その中でも商品やサービスの供給・提供が行われていない市場とされる。
隙間市場(すきましじょう)ともいう
ウィキより

ニッチの語源は「くぼみ」からきているという
つまり、ニッチとは狭い、小さい市場のこと

ニッチ戦略とはランチェスター戦略そのもの
ニッチ戦略 =ランチェスター戦略 =人がやらないことをやる戦略といえる

中小企業の経営ではニッチを狙うことが大切となる

理由は、
ニッチは市場が小さいがゆえに大企業が出てこないから
ニッチは競争が激しくない市場となるから

ニッチなら価格競争が激しくないので高価格、高利益の商品が販売できる

逆に大衆市場、誰でも参入できる市場だと必ず価格競争に巻き込まれる
資本力のない中小企業は資本力のある大企業に負けることとなる

ニッチとは人がやらない市場のこと
ニッチを狙えとは、人がやらない市場を狙えという意味

ニッチインリッチ=ニッチの中にこそ豊かな市場がある
ニッチ市場だけに特化することで利益率が高くなり経営が安定する

ニッチ市場でNO1となることをニッチトップという
このニッチトップ企業こそがまさに、ランチェスター戦略の企業となる

ニッチトップ=高収益
ニッチトップになると同じ事業をしている他社の利益は通常2倍以上になる

これがリッチ イン ニッチ

どんな小さな領域でもいいからNO1になることを
ランチェスター戦略ではすすめている

あなたにもニッチトップになって欲しい

事例
高級ホテルの予約だけに特化したサイト 一休
人がやらない少量多品種の後半だけに特化した 豫洲短板産業

などの企業事例を紹介

やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール