,

シェア戦略 市場占有率とは


シェア戦略 市場占有率とは 

市場占有率とは、ある特定の市場全体の中で、ある企業の商品やサービスがどれくらいの割合を占めているかを示す比率

 
競争戦略における重要な考え方がシェア、市場占有率

なぜなら、シェア、市場占有率が高ければ
価格主導権が握れ、生産性が高まり、高収益が可能になるため


ランチェスター戦略では、「市場占有率の目標数値の設定」がある

企業間における販売競争の優劣は、市場占有率によって判定されるので

シェア(占有率)は何%までとってゆくことが必要なのか、
何%とれば安全なのかといった数値目標の設定が必要となった


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



■シェア戦略、市場占有率で重要となる3つの指標

シェア戦略、市場占有率

【73.9%、41.7%、26.1%の意味】


ランチェスター戦略では、シェア、市場占有率を重視する

@73.9% =上限目標=独占的・絶対安全
A41.7% =相対的安定値=圧倒的有利・首位独走の条件としての目標値
B26.1% =下限目標=強者の最低条件・安定不安定の境目

シェア戦略、市場占有率ではこの3つのシンボル数字がとても重要になります
しかし、弱者はスグにこの数字には届かない


従って、まず26.1% =下限目標に到達するまでの目標値を設定する

C19.3% =上位目標値=B*@=B下限目標の@上限目標
D10.9% =影響目標値=B*A=B下限目標のA相対的安定値

E6.8% =存在目標値=B*B=B下限目標のB下限目標
F2.8% =拠点目標値=B*B*A=E存在目標のA相対的安定値


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 


@上限目標を目指すためにFから階段を一つずつ登るということ

売上アップ対前年110%と決める会社がありますが、それだけでは意味がない

なぜなら、市場が120%伸びていれば、
自社シェアが110%では占有率(市場シェア)を落とすことになるからです

シェア、市場占有率、という考え方が大切になります

@73.9% =上限目標は約75%=3/4
A41.7% =相対的安定値は@73.9%の約60%、B26.1%の1.7倍
B26.1% =下限目標値は約25%=1/4となります。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−