,

差別化する方法  強みを強くする


差別化する方法  強みを強くする

会社は、強みがなければ生き残れません。
他社と同じことをしているだけでは、価格競争になります。

特徴がなければ、顧客に相手にしてもらえないのです。
だから、自分の強いところで勝負する必要があるのです

そのためには強みを強くすることです


自分の弱いところと、相手の強いところで戦ったら、負けるのは目に見えています。
自分の強みと相手の弱みを見極めたうえで、勝負をしなければいけません。

当たり前だよ、と思うかもしれませんが、多くの人がやっていないのです。

まず、自分の強みを書き出すことと、相手の弱みを書き出すことをおすすめします。
そして、自分の強みで相手の弱みと戦う。

その時は、3倍の力を投入することです。
中途半端にやらないことです

人は弱みに目がいくものです
しかし、仕事をする時には強みに焦点を合わせることです

その強みをより強くすることに注力してください
差別化するには強みを強くすることです



いかなる組織といえども、多くの分野において卓越することはできない 
しかし、一つの分野において卓越することはできる

成功するには、この一つの分野における卓越性に加えて、
多くの分野において並み以上でなければならない

P・F・ドラッカー


わが社の強みとするものは何か、うまくやれるものは何か、
いかなる強みが競争力になっているか、何にそれを使うかを問わなければならない 

P・F・ドラッカー