,

お金の値打ち


■「お金の値うち」 松下幸之助


ぼくは、お金というものは、面白いものだと思います。

たとえ同じ金額のお金でも、それをどう自分が手に入れたかによって、
使い方が大きく変わり、したがってそのお金が発揮する値うちが違ってくるからです。

たとえば、予期せぬ収入というか、人からポンともらったようなお金だと、
ついつい気軽に使ってしまって、気がついてみるといつのまにか雲散霧消。

はて、何に使ってしまったのだろう、といったことになりがちです。
これではそのお金の値うちも十分に生きません。


ところが反対に、同じお金でも、自分が努力し苦労し、汗水たらして得たお金だと、
湯水を使うようにたやすくは使えるものではありません。

こういうことは皆さんもよく経験されることだと思いますが、
それは結局、人情のしからしむるところであって、
昔も今も変わらない人間性の一面というものではないでしょうか。

そういうことからぼくは、やはりお金というものは、
自分で汗水たらして、自分の働きで得ることが大切だと思います。

お互いにとっては、自分の額の汗がにじみ出ていないような
お金をもらってはならないし、借りてはならない、

そういう考え方に立つことがやはり必要で、そうしてこそ、
その人の生き方が堅実なものとなり、お金の値うちもそのままに生きてくる。

いわゆる“濡れ手で粟”というような虫のいいことを考えたのでは、
お金も生きないし、その人の人生そのものもきわめて危ういものになってしまうと思うのです。



■「困難に真正面から取組む」 稲盛和夫


難しいが、どうしても解決しなければならないという、困難な状況から逃げてはいけません。
真正面から困難に立ち向かわなくてはなりません。

それには、「何としてもやり遂げる」という切迫感が必要です。
ちょうど修行僧のような形相で仕事をしている状態です。

また同時に、一切のものにとらわれてはいけません。
素直な目で現象を見なければなりません。

先入観を持っていては、ものごとはその真実を語ってくれません。

一方では、「何としてもやらなければならない」という思いがありますが、
もう一方では、苦しければ苦しいほど、
現象をつぶさに見つめ直すという素直な姿勢が必要と成るのです。

そうすれば、今まで見過ごしていたものを、ハッと見つけるものです。
それを、私は、‘神のささやく啓示’と呼んでいます。

啓示を受けるほどの切羽詰まった状況、真摯(しんし)な態度からしか、
真にクリエイティブなものは生まれてきません。

素晴らしいアイデアを得ようとするならば、
困難に真正面から取組む姿勢が必要なのです。



■「真の競争相手」は同業他社ではなく「絶えず変化する顧客ニーズ」である 鈴木敏文


では、どうすれば常に絶対を追求できるのでしょうか。
わたしはグループのすべての社員に繰り返し、繰り返し、こう訴え続けています。

「われわれの競争相手は競合他社ではない。
真の競争相手は目まぐるしく変化する顧客のニーズそのものである」

われわれのグループは「変化への対応」を企業スローガンとして掲げています。

「絶えず変化する顧客ニーズこそ真の競争相手である」とわたしが常に唱えるのは、
われわれの基本理念ともいうべき「変化対応」の本質を
一人ひとりの社員の意識の中にしっかりと根づかせるためです。

口でいうのは簡単ですが、現実にはけっして容易ではなく、
われわれ自身、完璧に実行できているわけではありません。

変化の激しい時代には、あらゆるビジネスが「変化対応業」でなければ取り残されていきます。

この変化対応は、競合の動きに目を配るのではなく、
真の競争相手は絶えず変化する顧客ニーズだけであるという一点に意識を集中し、
徹底することによって初めて可能になります。

競合との競争は、競合に勝ったつもりになればそれで終わりですが、
真の競争相手が絶えず変化する顧客ニーズであるとすれば、
その競争は終わることなく永遠に続きます。

そして、終わることなき変化対応を支えるのは
「自分たちは何のためにこの仕事をするのか」という問いかけです。

絶対の追求は、自分たちの仕事のあり方とともに、
根本的な価値観を問い直すことでもあるのです。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■理念と戦略


「経営は戦略がなければやっていけない
 理念がなければやる資格がない」

と、本の中にも書きました

つまり、理念と戦略=論語とソロバンが経営には必要です
なので、この2つのセミナーを開催することにしました


@経営者の人間力をあげる【 経営理念セミナー 】
A一流の成果を出すための【 経営戦略セミナー 】


@の経営理念セミナーは形を変えて「10年」続いています

はじめは経営理念の勉強会だけでしたが、
Aの経営戦略についての講座を新しく今年から始めることにしました

これで、理念と戦略=論語とソロバンの公開講座がそろったわけです
毎月、1回ずつ、経営理念セミナーと経営戦略セミナーを開催してゆく予定です


経営理念セミナーは「たのしく」
経営戦略セミナーは知的体育会系で「ビシッと」やっています


一流でNO1になることにご興味がある方の参加をお待ちしています



■ 経営者の人間力をあげる【 経営理念セミナー 】なら


3月17日(火)17:50〜 (代々木)

http://mmct.jcity.com/?c=442&e=WNf7b%3DdQFT6UBtxsZnFlLg11


■ 一流の成果を出すための【 経営戦略セミナー 】なら


3月31日(火)、4月1日(水)17:50〜(代々木)

http://mmct.jcity.com/?c=374&e=WNf7b%3DdQFT6UBtxsZnFlLg11



■参加者の声

株式会社丸芝製作所 代表取締役 奈良野 剛さま

学びの志の高い、様々な業種の経営者や経営幹部の方々が来られているので、
普段とは違う高潔な刺激が受けられ、ご縁も戴けることに毎回感謝しております。

それもすべては坂上先生の本心からの利他の心の表れだと確信しております。

これからは、自分が享受した様々な学びを、
それを求めている方々にもっともっと分け与えられるようになるべく、
自分自身の学びを更に深めていく所存です。


経営コンサルタント 荒井幸之助さま

・戦略、戦術などたくさんの考え方がある中で、
自分が実はよくわかっていないことがわかった

・方程式や法則をシンプルに理解できて感動した
・この気づきをしっかりと実務を通じて行えるようにしたいと思う


■ 一流の成果を出すための【 経営戦略セミナー 】なら


3月31日(火)、4月1日(水)17:50〜(代々木)

http://mmct.jcity.com/?c=374&e=WNf7b%3DdQFT6UBtxsZnFlLg11