,

高額な報酬は恥ずべきこと

JPモルガンはかつて

「いかなる組織においても、いかなる企業であっても、
トップの人間が一般社員の20倍を超える給料減るようであれば、それは誤った形である」と断じました

決してお金が嫌いではなかった彼が、トップが集中して巨万の富を得る会社への投資を断固拒否したのです

JPモルガンが作ったこのルールは、いまなお有効です
私がアメリカ企業への投資意欲を失ったのも、このルールに従ったからです

「スーパー経営者」たちが得る高額な報酬ほど、恥ずべきものはありません

 

P・F・ドラッカー