,

与えられた枠を使い尽くさない

【 日曜日 二才の娘に あなただれ? 】

GWくらいは一緒にいてあげて欲しいと思う、坂上仁志(さかうえひとし)です

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■「経営の目的と手段の違い」

健康のためにマラソンを始めた人が、走りすぎて体を壊すことがあります。
本来の目的は「健康になること」。そのための手段としてマラソンをします。


しかし、いつの間にか手段であるマラソンが目的化してしまい、本来の目的である「健康になること」にマイナスとなることがあるのです。

さらに、家族が心配して「体調が悪いなら今日はマラソンをやめたら……?」と言っても、「うるさい! 俺はランニング距離の目標を決めているんだ」とケンカになったりもします。


目の前の手段であるマラソンに熱中するあまり、もともと求めていた健康のためにという目的からまったく逆の方向に向かってしまう。
笑い話のようですが、実はよくある話です。一生懸命やるあまりに、目的と手段が逆転するのです。


健康や家族など大切なものを失って初めて気づくのです。

「あれ、何のためにこれをやっていたんだっけ?」


経営は人がやることですから、同じようなことが経営でも起こります。
一社員が健康のためにやるマラソンで手段と目的を間違える程度ならまだいいのですが、経営者が経営の手段と目的を間違えると、社員が不幸になります。

経営理念の考え方・つくり方 坂上仁志(さかうえひとし)著


■「心は常に働かせる」 松下幸之助

指導者といえども、四六時中仕事をしていなくてはならないということではない。それではとても体がもたない。
だからときに休息したり、あるいはレジャーを楽しむということもあっていいと思う。ゴルフをするなり、温泉に行くのもそれなりに結構である。


しかし、そのように体は休息させたり、遊ばせたりしていてもいいが、心まで休ませ、遊んでいるということであってはならないと思う。
心は常に働いていなくてはいけない。


たとえ温泉につかっていても、心のほうは、政治家であるなら政治のことを、経営のことを、どこかしらで考えているということが大切だと思う。


■「与えられた枠を使い尽くさない」鍵山秀三郎

人からの信頼を得るためには、自分に与えられた枠を使い尽くさないことだと思います。
自分に与えられた枠をすべて使い尽くすような生き方ばかりをしていますと、人からの信用を失墜します。


わかりやすい例で説明します。よく私は面談を求められます。
たまたまその日、先約があり、「別な日にしていただけませんか」とお願いしますと、「十五分でいいですから」と強引にいわれる人がいます。


用事の緊急性を感じた私は、「そうですか」と、早朝の面談を約束します。ところが、三十分過ぎても一時間過ぎても、なかなか話が終わりません。


すでに別室でお待ちいただいている人のことが、私は気になって仕方ありません。一度、こんなことがありますと、「次にもう一度」といわれでも、どうしても腰が引けるものです。


逆に「十五分」の約束を「今日はお忙しいのにすみません」と、十分で帰られる人がいます。この人から次に面談を申し込まれますと、「今度は三十分間いいですよ」といって差し上げたくなります。


このように、自分に与えられた枠を使いすぎると、ますます枠が狭められてきます。反対に、自分に与えられた枠を控え目にすると、枠はますます広がります。


与えられた枠をできるだけ少なく使うことが、信用につながります。



■京セラ会計学 稲盛和夫


京セラ会計学が目指したものは、会計の本質とそこに働く原理


1 キャッシュベース経営の原則

2 1対1対応の原則


3 筋肉質経営の原則

4 完璧主義の原則


5 ダブルチェックの原則

6 採算性向上の原則


7 ガラス張り経営の原則

例えば、会社の株式が上場されると、どうしても会社をよく見られたいと言う意識が出てきます誰でも、人間は少しでも自分を良く見せたいという気持ちがあるからです
もしこのような虚栄心が強い経営者であれば、その企業は見せかけだけ飾られた、ぜい肉だらけのものになります


本質的に強い企業にしようというのであれば、経営者が自分や企業を実力以上によく見せようという誘惑に打ち克つ強い意志を持たなければならないのです


会社を少しでも立派に見せたいと言う、経営者が持つ強い虚栄心、自己顕示欲が会社を肥大化させてしまうということです
したがって筋肉質の経営に徹することが大切なのです


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■一流になるために


経営の目的と手段がいつの間にか逆転していないか?
心を常に働かせているか?
自分に与えられた枠を控え目に使っているか?


■今日、一つだけ、1分だけやってみよう!

「10分前に到着し、10分前に切り上げてみよう!」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■おわりに

数年ぶりに硬式テニスを再開しますテニスシューズを買い、ラケットのガットを張り替え、近くのテニスクラブを見に行っています
テニスクラブは入会金100万円、月々2万円(年間24万円)とのこと・・・ん〜・・・という感じです


そうしたら、この、テニスオフというサイトを見つけましたhttps://www.tennisoff.net/

「今度の(日)12時に、ここでテニスしますので参加したい人は応募してください」と主催者が告知して参加者を募りプレーするというサイトです
WEBならではの良さがあり便利です1回2000円でお釣りがくるし、新しいプレーヤーとの出会いも楽しみです


これこそがイノベーションですね顧客にとっての価値がある、課題を解決してくれる改善です
まずはやり始めてみますスグすること! ですよね