,

知識労働者とは


知識労働者とは、医師、弁護士、教師、会計士、化学エンジニアなど、高度の教育と知識をもつ一部の人たちを指すにとどまっていた。


だがこれからは、コンピュータ技術者、ソフトウェア設計者、臨床検査技師、製造テクノロジスト、弁護士補助員など、膨大な数のテクノロジストが必要となる。


彼らは、知識労働者でありながら体を使う。頭よりも、むしろ手を使う時間のほうが長い。

知識が技能をなくすことはない。


逆に知識は技能の基盤となりつつある。

高度の技能を身につけるには、ますます多くの知識が必要となっている。


しかも、知識は技能の基盤として使うとき、はじめて生産的となる。

脳内動脈癒の切除手術の前には、高度の知識を使って診断を行なう。


手術自体は手を使って行なう。それは迅速性、正確性、等質性が要求される反復的な動作である。

しかも、体を使う他の仕事と同じように分析し、体系化し、質を高めることができる。



・知識労働者とは


たとえフルタイムの従業員であっても、誰かの部下として働く者は少なくなりつつある。

今日ますます多くなっているのが知識労働者である。誰かの部下ということはありえない。


同僚である。見習い期間をすぎれば、自らの仕事については上司より詳しくなければならない。

さもなければ無用の存在となる。

誰よりも詳しいことこそ、知識労働者の知識労働者たるゆえんである。


・知識労働者とは


動機づけ、特に知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。

ボランティアは、まさに報酬を手にしないがゆえに、仕事そのものから満足を得なければならない。


挑戦の機会が与えられなければならない。

組織の使命を知り、それを最高のものとし、献身できなければならない。


よりよい仕事のための訓練を受けられなければならない。

成果を理解できなければならない。


・知識労働者とは


知識労働者が成果を上げている組織では、トップマネジメントが定期的に時間を割き、

ときには新入社員に対してまで、


あなたの仕事について私は何を知らなければならないか?
この組織について何か気になる事はないか?

我々が手をつけていない機会はどこにあるか?
気づいていない危険はどこにあるか?

この組織について私に聞きたい事は何か?


とじっくり聞いている

 

知識労働者とは 

P・F・ドラッカー