,

「マネジメントの5つの仕事」P・F・ドラッカー


■「マネジメントの5つの仕事」P・F・ドラッカー


マネジメントの成果は5つの仕事で決まる。
マネジメントには基本的な仕事が五つある。

第一に、目標を設定する。
目標領域を決め、それぞれについて到達地点を決める。

そのために行なうべきことを決める。
連携する人たちとのコミュニケーションによって、それらの目標を意味あるものにする。

第二に、組織する。
活動、決定、関係を分析し、仕事を分類する。

分類した仕事を活動に分割し、作業に分割する。それらの活動と作業を組織構造にまとめる。
マネジメントを行なうべき者を選ぶ。

第三に、チームをつくる。
そのために動機づけを行ない、コミュニケーションをはかる。

第四に、評価する。
そのための尺度を定める。

評価測定の尺度ほど、組織全体と一人ひとりの成果にとって重要な要因はない。

第五に、自らを含めて人材を育成する。