,

「まず思うことが大切」稲盛和夫


■「まず思うことが大切」稲盛和夫


何か新しいことをなそうとするなら、まず思うことが大切です

かつて松下幸之助さんが、講演会で有名なダム式経営の話をされた時に、聴衆の1人が

「ダム式経営は理想だが、今余裕がないのをどうすればいいのか、それを教えてほしい」
と質問しました

松下さんは、

「そんな方法は私も知りませんのや でも余裕がなりゃいかんと思うわないけませんな」
と答えられました

この答えに会場は失笑に包まれましたが、実はそこに、大切な真理が含まれていたのです

「理想はそうだが現実には難しい」と言う気持ちでは、物事は成就しません

まず、こうありたい、こうあるべきだと思うこと
それがすべての起点になるのです


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

この、「思うこと」の大切さを多くの人がわかっていません

私もはじめは、「なにを当たり前のことを言っているのか」と思っていました

 

しかし、思わなければ、何も始まらないのです

例えば私は、2015年6月にテニスクラブに入会し、テニスを本格的に始めました

 

その時に、「3年後に川崎1位になる!」と決めました

そう、思ったのです

 

なれるかどうかは、わかりません

でも、言うのはタダだから、と言っています(笑)

 

そして、「3年後に川崎1位になる!」と思わなければ、絶対にNO1にはならないのです

散歩しているだけでは富士山に登れないのと同じです


「NO1になる!」と思うことが、その人の成長を促すのです

まず、「思うこと」

 

これが大切なのです