,

「信念まで願望を高める」稲盛和夫


■「信念まで願望を高める」稲盛和夫


状況妄動(もうどう)型の人間であってはならないと思います。

状況妄動(もうどう)型とは、
「こうしたい」と思っても、社会情勢、経済情勢などから、

すぐに実現困難であると諦めてしまう人のことを言います。

状況を理解すればするほど、不可能であるという結論に自分を導いていくのです。

一方、心の奥底からこうありたいという強い願望を持った人ですと、
周囲の環境がいかに難しくとも、願望を実現するための方法を考えていきます。

そこに努力と創意が生まれてくるのです。


同じ厳しい環境に置かれても、状況妄動型の人は、状況が悪いことを理解し、
その結果自分の願望が無謀であったことを悟るだけですが、

心の奥底から発し、信念にまで高まった願望を持っている人は
問題をいかに解決するかという創意工夫と努力を始めるのです。

つまり、‘状況は我に利あらず’と理解したときに、
自分の願望を捨てる人と、次の瞬間から改めて勇気を奮い起こす人の違いです。

人生において、素晴らしい歩みをしていく人と、
挫折につぐ挫折を重ねていく人、また平々凡々と進む人、

その違いは、ここにあると思います。



■「感謝」鍵山秀三郎


人間が生きていくうえで、感謝の心を持つことはとても大切なことです。
人間、感謝の心がないと、幸せにはなれません。

感謝の心を持つから幸せになれるのであって、
幸せになってから感謝しようというのでは、一生幸せになることはありません。

その点、トイレ掃除をしていると、
小さなことにも感謝できる感受性豊かな人間になれます。