,

「道」 松下幸之助

「道」  松下幸之助


自分には自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。


どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。
自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
 
広いときもある。
狭いときもある。
のぼりもあればくだりもある。
坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。
 
この道がはたしてよいのか悪いのか、思案に余るときもあろう。
慰めを求めたくなるときもあろう。
しかし、しょせんはこの道しかないのではないか。
 
あきらめろというのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。


自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
 
他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。
道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
 
それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

「道」は、わたしの大好きな文章です

 

フォスターワンとは一を育てるという意味

世界でただ一人のあなたを育てる

 

Go your own way
あなたは、他の誰も歩けない、あなただけの道を歩けばいい


と思っています

つまり、「道」はフォスターワンを象徴する文章なのです


何度もなんども、迷い

「ああ、あっちの道の方がよかったのではないか・・・」と

時間を無駄にしたことが何度もありました


過去や目の前のこと以外に思いを向けるとき

目の前のことに全力であたれ!

自分の道を歩けばいいのだ

と言ってもらっている気がする文章です

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−