,

「一からやり直してみる」鍵山秀三郎

「一からやり直してみる」鍵山秀三郎


現状を打開しようとするとき、いままで自分が持っているものを
そのままにしておいて何かを得ようとすると悩みが尽きません。

何かを得ようとするのであれば、自分の持っている何かを捨てること。

何かを始めようとするのであれば、何かをやめることが先決です。
私の知っている人に、校長職を返上して一教員になられた先生がいます。

自分の教育信念に従ったうえでの勇断です。

また、最初から管理職には一切ならないと心に決めて、
生涯一教師を貫いておられる先生もいます。

いずれの先生も立派だと思います。

自分の教育信念を素直に実行していこうとすればするほど、
肩書が邪魔になることもあるのではないでしょうか。

そんなとき、肩書をそのままにしておいて問題解決の道を探ろうとしますと、
悩みと迷いはますます深くなるものです。


自分の信念や望みを貫き通すためには、
いったん現在の地位とか収入を返上して一からやり直してみる。

大切な対処法ではないかと思います。

私もいままでの人生で、この対処法を何回も実行してきました。

確かにそのときは、大変厳しい危険な選択でしたが、
いまとなっては最善の選択だったと満足しています。

何も捨てないで何かを得ようという考えは、
人体にたとえると「便秘をしている」ようなものです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


得るは捨つるにあり

捨てるからこそ得ることができる


ランチェスター戦略では、捨てる勇気、やらない決断を重要視します

あれもこれもやろうとするから、すべてがうまくいかない


あれもこれもではなく、あれかこれか

捨てること =絞り込む


やらない決断をする


〜はやらない、〜はやらない、〜はやらない、

と、3つのやらない決断をする


群れない、媚びない、ズルしない

といったもの


ゼロから始める勇気をもって、物事をはじめる

起業をする決心にも似たもの


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−