,

小さくてもNO1になる NO1になる方法

小さくてもNO1になる


競争関係において、絶対的に有利なのはNO1だけですから、

小さくてもNO1になることが大切です。


NO1になりやすい方法が2つあります。


@ 人がやらないことをするか

AA*B*Cのような掛け算で範囲を絞るかです。

そのうえで、「〜といえば○○」となることです。


例えば、オリンピックに出たいなら競技人口が少なそうな「スケルトン」をやる。

お店を開くなら、40代の老眼が始まった人向けの、遠近両用の、おしゃれなメガネ専門のお店をやる。


左利きの人用だけの店(楽器、グローブ、ハサミ)をやる。

大きいサイズの服(靴)だけの店をやるのです。


妊婦さんのための神社といえば水天宮という感じです。
人のやらないことをするのは、流行を追うのが好きな人には向きません。

マイナーでも構わない、いや、マイナーこそがいいという考え方、勇気が必要になります。

 

ランチェスターNO1理論 坂上仁志(さかうえひとし)著

http://tinyurl.com/nz8o4jy