,

企業のマネジメント P・F・ドラッカー

ランチェスター戦略の視点では、中小企業こそNO1戦略をとる必要がある



小企業のマネジメント   P・F・ドラッカー


小企業は戦略を必要とする

ニッチを見つけなければならない

しかし現実には、ほとんどの企業が戦略を持たない

機会中心ではなく問題中心である問題に追われて日を送る
だからこそ小企業の多くが成功できない

中企業のマネジメント

卓越性が必要な分野では、あたかも大企業であるかのごとく行動できる

しかしそうでない分野では、最小限のことしか行うべきではない

中企業とは、特定の重要な分野において、リーダー的な地位にある企業である

この地位を維持することこそ、中企業にとって成功の鍵である


大企業のマネジメント

大企業のマネジメントには小さな事業に必要な感覚がない大企業は小さな事業を理解できない
従って間違った決定を行う

己を知る

成果と業績に関係のない分野で、費用のかかるスタッフを抱えている小企業は多い

あまり意味のない活動、製品、市場に自らの資源を投入している中企業も多い


P・F・ドラッカー


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ランチェスター戦略の視点では、中小企業こそNO1戦略をとる必要がある


中小企業こそ戦略を必要とする

小さな領域でナンバーワンを目指さなければならない


ランチェスター戦略ではニッチ市場でのNO1戦略を重視する


問題ではなく、機会に焦点を合わせ

成長できる市場でナンバーワンを目指す


自らの強みを生かし、小さい市場でナンバーワンを積み上げる

そして、本物のナンバーワンを目指す


中小企業こそ、NO1戦略が重要な戦略となる



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−