,

人に覚えてもらえる存在になる 

人に覚えてもらえる存在になる


「〜といえば」はランチェスターです。

例えば、コンビニといえば、「0000000」。
ハンバーガーといえば、「000000」。

この「0000」に入るものがNO1のものです。
ほとんどの人が、セブンイレブンとマクドナルドと答えたと思います。

ランチェスター戦略でNO1を目指す理由はここにあります。

人に思い出してもらえるかどうか。
あの商品ならあの会社と覚えてもらえているかどうか。

ある人の心の中の市場占有率(マインドシェア)が
1位である企業や商品になると圧倒的に強くなります。

この辺だとラーメン屋といえば、「00屋」だよね。
じゃあとりあえず食べに行こうか、となるのです。

だから、あなたの会社も「〜といえば」あの会社だね、になる必要があります。
ある市場でNO1になればそういわれるようになり、選ばれてゆくのです。


ランチェスターNO1理論 坂上仁志(さかうえひとし)著
http://amzn.to/28VGQo2