,

モチベーションを上げる3つの方法

モチベーションを上げる3つの方法

 

@    体調をよくする

A    小さな達成

B    自分をほめる

 

モチベーションを上げる方法@

@体調をよくする

 

モチベーションが低い理由の大きな原因は、体調が悪いことがあります

例えば、睡眠不足、睡眠時間が足りないために体調が悪くモチベーションが上がらないことがあります

 

体調をよくするためには、運動・栄養・休養の3つを調えること

とてもカンタンに言えば

 

運動 =毎日1万歩あるく、週に2回は心拍数を100以上に上げる運動を30分する

 

栄養 =たまごはやさしいよを食べる

たまご、まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも、よーぐると、の頭文字 

 

これを毎日、食べる、

つまり、栄養バランスをよくする 毎日、カップラーメンばかり食べない

 

休養 =毎日7時間寝る、24時には就寝、就寝前2時間は食べない、眠りを深くするため

 

運動・栄養・休養の状態をよくすることで、モチベーションが上がる

 

モチベーションを上げる方法A

A小さな達成

 

毎日、1分、自分が決めたことを必ずする

小さな達成を積み重ねることで、

 

セルフコントロール能力を上げる、

セルフエスティーム(自己肯定感)を上げる、

モチベーションを上げる

 

具体的な例として、5TODOをやる 

5TODOとはビジネスマンの5つのやるべき基礎能力

 

5TODO =読み、書き、そろばん、話す、聞く 

読み =本を1分読む

書き =文章を1分かく

そろばん =100マス計算を1分する

話す =1分で話す訓練をする

聞く =1分間黙って人の話を聞く など

 

モチベーションを上げる方法B

B自分をほめる

 

相対差ではなく絶対差

あらゆる不幸は人と比べることから始まる 森信三

 

つまり、人と比べてどうこうではなく、

自分が昨日の自分を超えたのかどうかを自分に問う

 

人と比べないことです

人と比べる相対差だけの世界は息苦しい

 

そうではなく、自分自身と比べる絶対差の世界で生きることです

 

昨日の自分より成長しているところを自分で見つけ、自分で自分をホメる

自分をほめることでモチベーションを上げる

 

過去を引きずらない、つまり、過去のことで悩み続けないことです

今を大切にする、未来を考え、希望を持つ

 

小学生は過去の話をしない、未来の話をする「昔は良かった」とか言わない

老人は未来の話をしない、過去の話をする

 

自分の思考をどちらにするかで、人生は大きく変化する

モチベーションが変わってくるのです

 

仕事を好きになるとモチベーションが上がる

仕事を好きになるかどうかで人生は大きく変わってきます


3年間=1000日、がんばってください

それでも、イヤだったら会社を辞めたらいいんです


世の中には、たくさんの会社があります

世界にはたくさんの国があります


どうしてもイヤだったら、サッと辞めたらいいんです

今の場を去っても、あなたの1000日の努力はなくなりません


どこか他に、あなたの好きな仕事があるはずです

あなたを必要としている人がいるはずです


人生をムダにしないほうが大切です

モチベーションが下がったまま生きていても

つまらないでしょう


幸せになるために生まれてきたのですから

好きな仕事をして豊かないい人生にされて下さい


一生懸命、努力をされてください

いま、目の前の、仕事を好きになってください

 

 

「仕事を好きになる」稲盛和夫

皆さんの中に、「会社を辞めたい」と思っている方がおられるかもしれません。

実は、私も辞めたいと思うことがあります。


学生時代に、試験勉強などで夜中に苦しめられ、

どこかへ逃げていきたいと考えた、それと同じ心境なのです。


しかし、辞めたから天国があるかというと、決してそうではないと思うのです。

辞めて三日もすると、もう仕事がしたくてたまらなくなると思います。


仕事が忙しくて、立場に責任を感じているからしんどいのですが、

苦しんでいる中にも自分の生きがいを感じているのです。

 

やはり、仕事が好きなのです。

この“好き”ということが、世間の人の言うハードな生き様を、私が続けてこられた原動力なのです。


そばで見ていると、想像を絶するような苦労でも好きでやっているなら、

本人は苦労とも思わず、記憶にすら残っていないことがあります。

 

どんな分野でも成功する人は、このように、

自分のやっていることに無上の喜びを感じ、惚れ込んでいる人だけです。


自分の仕事に惚れなければ、絶対に成功しません。

素晴しい仕事などできるわけがないのです