,

スーパーアクティブラーニングの始まり方 進め方

スーパーアクティブラーニングトレーニングのはじまり

 

@ウォーミングアップ 挨拶(あいさつ)

 

全員立ち上がって1分間、60秒で10人を目標に挨拶

 

もう一回

もうちょっと盛り上がる方法

 

3つのポイント

「握手、褒める、聞く」

 

初めて会った人に近寄って握手をする

次に聞く、質問する、ほめる

 

「どちらからいらしたんですか?」

「良いスーツですね」など

 

「握手、褒める、聞く」はリーダーの朝一番の仕事

なぜなら、リーダーが職場の雰囲気をつくるから

 

リーダーが明るい職場は明るくなり

リーダーが暗い職場は暗くなる

 

「握手、褒める、聞く」は、職場を明るくするコツ

 

Aスーパーアクティブラーニングでビジネスマンの5つの基礎能力を高める

読み、書き、そろばん、話す、聞くを1分間で繰り返す

 

やらないと、脳が活性化されない

だから、楽しく「やる」こと!

 

A100マス計算

 

脳トレ、指先を早く動かすことで脳を活性化させる


1・100ます計算のやり方

横の数字と縦の数字の交差したところに、縦横の数字を足した結果をなるべく早く書く

 

2・100マス計算の目的

単純な計算を繰り返し行うことで脳を活性化させる 

ウォーミングアップ 

 

指先は脳の出先機関なので、指先を早く動かすと脳が活性化される

 

3・ポイント

全力でやる! 1分で全部書き終わることを目標に! 

(講義のスピードの目安) 

 

小学校5年生で足し算を1分切る子がいる

脳科学に基づいたウォーミングアップ

 

B1分間で100マスの結果が出る

50の人と100の人では結果が2倍違う

まったく同じことを同じ時間やって結果が違う

なぜか?

 

でも、皆こう言う

「わたしは、頑張っている」と

 

これと同じことが、仕事や経営でおこる

 

まったく同じ商品を売って

 

ある人は年商1億円

ある人は年商2億円

 

なぜか?

 

1秒の積み重ねが1時間になり

1時間の積み重ねが1日になり

1日の積み重ねが1年になる

 

今、この瞬間の集中と努力で

生産性が上がり、結果を変えられる

 

「いま」「この瞬間に」集中しないから、結果が出ない

 

C16分割ノートに三行日記を書く

 

16分割ノートとは、見開きのノートを縦横に4分割したもの

三行日記とは、事実・感想・決意を書くこと

 

特に「決意」が大切

具体的に数字を入れて、決意を書く

 

三行日記のよくある悪い例

事実を言わない

感想を言わない

決意を言わない

 

関係ないことを言う

(足し算より国語が大切だ〜)

 

自分のことでなく人のことを言う

(子どもにやらせよう → 自分がやる!)

 

言い訳がましいことを言う

(なんだか、よくわからなくて・・・)

 

そうではなく

100マスについて話す

自分のことを話す

事実・感想・決意を話す

 

良い例

事実 =55(100の人がいる)

感想 =くやしい

決意 =あす8時に2回やる(具体的、数字)

 

三行日記で

 

事実 =55 

感想 =同じ時間で違う結果!

    毎日、ムダが多い?

決意 =あす8時に2回やる

 

ポイント!

「書く」質を高める

「話す」質を高める

 

なぜ、これをやるか?

 

話す、聞く、書く「質」が

仕事の「質」と比例するから

 

D話す、聞く

 

2人1組で話す、聞くをやる

 

AさんがBさんに1分話す

Bさんは黙って聞く (人の話をさえぎらない)

 

*交代

 

人の話をチャンと聞くとは?  行動心理学


むける =め、かた、こし

あわせる=こきゅう、ことば、うごき

 

人の話をチャンと聞くと生産性、業績が良くなる

 なぜか?


人の話をチャンと聞くとは

 

リスペクト(尊敬)

リーダーシップ だから