,

病気を治す八つの方法

病気を治す八つの方法

  

第一に自分の身体のわるいところをさがすのをやめて、

よい部分をさがしてそれに感謝すること。

 

第二に働くことが好きになること。

 

第三に何か趣味を持つこと。

 

第四にどんな人間でも好きになること。

 

第五に、感謝は物の乏しさ(不充分)にあり、

幸福は心のまずしき(恭謙)に存すると悟って、

 

あらゆる場合に満足し、感謝すること。

 

第六に不幸はそれを忍耐しさえすれば、かえって

幸福の基になると信じて、あらゆる不幸を甘受すること。

 

第七に愉快にユーモアに富んだことをしゃべること。

 

第八最後に自分自身のことには果断決行をもって臨むこと。

 

本多静六

 

 

働き療法

 

思いきって運動を始めたり脳を使い始めたりすると、

初めは辛くとも心臓は少しずつ丈夫になって、

 

手足が軽く動くようになり、脳の働きも徐々に活発化し、

働くことも考えることも楽に面白くなる。

 

かく面白く働くといよいよ心臓は丈夫になり、頭はよくなる。

 

このような作用を「悪循環を断つ」と称し、これは私が

かねてより唱導する働き療法(病気を働いて癒す治療法)説明の一端にもなる。

 

本多静六

 

なるほど!

です