,

小学校の卒業式の来賓に招待される

小学校の卒業式の来賓に招待される


近くの小学校の卒業式に招待して頂きました
でも、実は本当の卒業式ではなく卒業式の予行だったんです


経緯は、本当の卒業式の日は私が出張があって参加ができない
そのことを校長先生に伝えたら、実は明日ありますよと言っていただいて、今日、参加しました


なので、来賓の席には私たった1人(笑)
その厳粛な雰囲気の中で、6年生151人がひとりひとり名前を呼ばれ、卒業証書を受け取ります


6年生からのお礼の言葉があり、歌があり、5年生からの応援の歌があります


なぜでしょう?


子供の歌を聞くと自然に涙が出てくる


本当の卒業式に出れないので、
この場がきっとこの子たちに会う最後なのだろうと思うと、切ない気持ちになります


でも、それは人生のすべての場面でいえること
この場が、その人に会う最後になる、という事はよくあることです


「そうか、この子たちにはもう二度と会うことがない」


そう、強く思いました

一日一生


今日を最初の日だと思い
今日を最後の日だと思う


人間は終わりの日があるから
頑張れるんですよね


今日を大切に生きる
そう改めて思わせてくれる卒業式でした


感謝です