,

良いインストラクターと悪いインストラクターの違い

 

良いインストラクターと悪いインストラクターの違い

 

良いインストラクターの特徴は3つ

 

@本人が上手
A伝えるのが上手
B場を作るのが上手

 

例えば、リトモスと言う踊りのインストラクターの場合なら
@の本人が上手とは、本人が踊るのがうまいこと

 

しかし、ただ踊るのがうまいだけでは良いインストラクターとは言えない

そこでA伝えるのが上手が必要となる

 

伝えるのが上手とは、初めて踊る人に対してわかりやすい言葉で、短い時間で、本人を踊れるようにすること

 

そしてB場を作るのが上手とは、
そのインストラクターに教えてもらうと楽しい、また来たいと思ってもらえること


例えば、20代の若いインストラクターで

踊るのがスゴイうまい子がいます


体も柔らかいし、キレもある

でも、つまらない


なぜなんだろうと、考えた結論が@ABでした

特にAとB


その若いインストラクターがつまらなかった理由は、上から目線


「オレはできるよ、あなた達と違ってね」

みたいな雰囲気が見え隠れするので気持ちが良くない


なので、B場も盛り上がらない・・・

 

その店、@AB、3つの要素を満たしているのが、
リトモスの場合、竹ヶ原さん
楽しいですよ〜

 

記念に一緒に写真撮ってもらっちゃいました
なんたって、私、ダンサーですので・・・

 

ん?
一緒に踊っている動画の方が良かったかもしれない??

 

*つまり、講演講師をしている人間の目から見て

伝える力、場を作る力が、インストラクターによってずいぶん違うなぁ、と感じたわけです

 

ダンスしながらも、そんなこと考えているし(笑)