,

2019年マスターズ、タイガーウッズ、超一流から学んだ3つのこと

 

2019年マスターズ、タイガーウッズ、優勝

 

5度目のマスターズ優勝、14年ぶり、メジャー優勝11年ぶり

メジャー優勝15回目、歴代2位

 

超一流から学んだ3つのこと タイガーウッズ


@   肉体を鍛え上げている

A   ショット、パットともに素晴らしい

B   モチベーション、心の持ち方

 

@   肉体を鍛え上げている

 

タイガーウッズは、43歳でラグビーの選手のような肉体

ベンチプレスは140KGをあげるらしい

 

今回2位だったケプカも肉体を鍛え上げている

ゴルフでも筋トレが当たり前の時代になっている

 

A   ショット、パットともに素晴らしい

 

ドライバーは飛距離300ヤード、誤差3ヤード

アプローチは100ヤード以内なら誤差1ヤード

パットは20ヤードを20センチにつけるレベル

 

B   モチベーション、心の持ち方

 

さらに素晴らしいのが、モチベーション、心の持ち方

何度も手術をして歩くのも大変な時期を乗り越え、14年ぶりに優勝する

 

その間に、もうやめようとおもわなかったのか?

 

うまくいっているときは、持ち上げるが

チョット失敗すれば悪人のように誹謗中傷するマスコミ

 

今回また、優勝したことで手のひらを返したように賞賛される

しかし、その成功もまた試練

 

今まで、どんなモチベーションでゴルフに取り組んで来たのか?

タイガーウッズ優勝後のコメント


―復活を疑うことはあったか?

「数年前は真剣に疑った。歩くことも座ることもできない。横になることも、何もできなかった」


―世の中には人生や肉体的な問題で苦しんでいる人々がいる。メッセージは?


「決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。

常に戦うこと。あきらめたら、道はひらけない。


確かに競争に勝って、僕は今ここにいる。

けれど、競争は僕をここから引きずり下ろすものでもある」


優勝後のコメントより


超一流は

心技体の3つがそろっている

 

 

■世界一の試合をするために

 

@   超一流の選手がいる

A   たくさんのファン、ギャラリー

B   優勝賞金

 

世界一の試合をするためには、@選手AファンBお金この3つが必要

 

なぜならば、やはり一流の選手のプレーが見たい

二流の選手のプレーを見たいとは思わない

 

世界一の最高のレベルの選手が、世界一の最高のプレーをする 

そうすれば、多くのファンはお金を払っても見に来るし

それをサポートする企業がお金を出してくれる 

 

つまり、これが優勝賞金もなく ボランティアだけでやろうとしても 

やはり成り立たないものなのだと思う

 

経済原則というのがスポーツの中でも働いて

より良い選手にはたくさんのお金が集まる

 

というのが今の世界の流れなのだと思う

2019年マスターズ優勝賞金は、2億3千万円

 

もしこれが、無料だったら、

選手も一生懸命やらない気がする

 

もし、ギャラリーが一人もいなかったら、

盛り上がらないし、いいスコアもでない

 

選手、ファン、お金、そして、素晴らしいコース

そういったものの集大成が超一流の試合を生む

一流は一流で磨かれる

 

やっぱり、一流に触れていないといけないということなのだと思う