,

ゴールデンウィーク10日間(長い休み)を過ごす3つのポイント 

 

ゴールデンウィーク10日間(長い休み)を過ごす3つのポイント

 

質問


今回、10日間もあるゴールデンウィークにワクワクしています

と、私の部下が言っています


ゴールデンウィーク明けの部下の仕事が大丈夫か?

私は心配です

 

解答


その通りです

ゴールデンウィーク10日間など、長い休みを迎えるにあたって

メンバーに話しておくべき3つのポイントがあります

 

ゴールデンウィーク10日間(長い休み)を過ごす3つのポイント 


@ 日常生活はあまり変えない

A 毎日少しずつ仕事をすること

B 最後の日は10時には寝る



@ 日常生活はあまり変えない


長い休みに入るときは、気をつけた方がいいです

そもそも、GWなど季節の変わり目は体調を崩しやすくなります

 

体調を崩すとやる気もなくなります

なので、日常生活をあまり変えないことです

 

つまり、起きる時間、寝る時間、食事の時間を不規則にしないことです

 

ちょうどヨーロッパなど、時差が12時間近くある海外旅行に行くと

体調が戻るのに一週間くらいかかるのと同じです


だから、規則正しい生活をする

日常生活はあまり変えないことです

 

A 毎日少しずつ仕事をすること


毎日、少しずつ仕事をすることも大切です


その理由は、10日間全く仕事もせず、

本も読まない、文字も書かない生活をすると

 

確かにリラックスは出来るのですが

社会復帰をするのに時間がかかります

 

時差ぼけを治すのと同じ感じです

これでは、GW明けにほとんど仕事が出来なくなってしまうのです

 

メンタル面でやる気にならなくなると同時に

実際に頭が働かなくなります

 

体調や仕事のカンを戻すのに1週間かかるとすると

 

10日間のゴールデンウィーク足す1週間で、

合計14日間、2週間のお休み状態になります

 

そうなると、5月は半分しか稼働しない状態になります

大企業で楽な仕事をしてる人はいいかもしれませんが

 

中小企業で仕事をする人や、

ゴールデンウィーク明けに重要な仕事が入っている人は

 

10日間フルに遊ぶのではなく

最後の二日間はリハビリに通うがごとく


仕事をすることが大切です

 

ちなみに私は、ここ15年間

ゴールデンウィークは毎日、仕事をしています

 

仕事が楽しいんです(笑)


人が仕事をしないときに仕事をする

これもランチェスター戦略です

 

B 最後の日は夜10時には寝る

 

「えっ、そんなに早く寝られないよ!」 

と思われるかもしれません


しかし、そうではないのです


7日間も遊んでいれば、身も心もリフレッシュしますが

それと同時に疲れてもいるのです


だから、休むことが大切


眠れなくても、最後の(土)(日)は

夜10時には横になってみてください


翌日の体調が違ってきます


ゴールデンウィーク明けの(月)の体調で

その人が一流か二流かがわかります


気をつけてください

仕事のできる人はちゃ〜んと見ていますので・・・


もちろん、やれとは言いません

でも、いい仕事をするのなら


そのくらいの準備はしておいた方がいいです

がんばってください!


*追伸


もちろん、ゴールデンウィークを楽しんでくださいね!

遊ぶなと言っているわけではありません


いつもは行けない場所に行く

いつもはできないことをやる


新しい刺激は大切です

楽しむことは大切です

  

ゴールデンウィーク10日間(長い休み)を過ごす3つのポイント


@ 日常生活はあまり変えない

A 毎日少しずつ仕事をすること

B 最後の日の夜は10時には寝る