,

ナンバーワンになる方法 経営戦略づくり

 

ナンバーワンになる方法 経営戦略づくり

経営相談 質問を頂きました

 

質問


ナンバーワンになる方法がよくわかりません

どのようにナンバーワンになって行くのがいいのですか?


回答


NO1になる方法

その、簡単なヒントが2つあります

 

1.差別化

2.一点集中

 

1.差別化

差別化をするポイントを 簡単にすると

掛け算、足し算、引き算


・A×B×C

・A+B

・A−B

 

A×B×Cように今あるものを掛け算にして差別化をしていく 


例えば、100人に1人しかない技術を三つ持つことで

1/100*1/100*1/100=1/1万の 差別化ができる 

 

・A+B


あらゆる発明はニューコンビネーション

新しいものの結合とも言われている

 

 A と B を足すことによって 新しい価値を作り出す 

例えば、腕時計に温度計をつけるようなやり方 

 

・A−B

 

A から B を引くことによって差別化をする

ブレーキがないペダルがない チェーンもない子供用自転車 


自転車に乗り始めの時に使うような自転車が

世界中で大ヒットした事例がある ストラダー

 

 

2.一点集中



一点集中のやり方について

パレートの法則に従い上位20%に 一点集中すると良いです


パレートの法則は80対20の法則とも呼ばれ

1896年イタリアの経済学者ヴィルフレドパレートが唱えたと言われる法則 

 

上位20%の原因が80%の結果を作るというもの

 

これを経営戦略に 当てはめるとすると 三つのポイントがある

 

1.どこ

2.だれ

3.なに


1.エリア戦略

2.顧客戦略

3.商品戦略

 

その中でもいいことに一点集中すること!


上位20%の顧客に良くすると

上位20%の顧客が作る80%の結果がアップすることになる

 

さらに一点集中の度合いを絞り

ベスト3の顧客に良くすることによってさらに結果が良くなる 

 

例えば1万社のお客様にあるとすれば

上位20%であっても2000社の顧客を見なければならないが

 

ベスト3に特化することによって

やっていくことがシンプルになり

結果が出やすくなる

 

同じようにベスト3の商品に対しても

改善を加える又は販売促進の力をより強くすることによって

簡単に結果がアップする

 

大切なことは、いいことに一点集中することであり

それはつまり、悪いことには手をつけないこと

悪いものを見ないことである

 

人は悪い顧客、悪い商品に

どうしても気を取られがちになるが

 

そこに時間を使わないということがとても大切

 

悪いことに一点集中をすれば悪い結果がアップすることになる

つまり、下位の20%の顧客に時間を取ると


それを改善するよりも

問題が多く起こってしまうことがあるので注意が必要


従って、ナンバーワンになるための経営戦略づくりは


1.差別化

2.一点集中


・A×B×C

・A+B

・A−B


1.どこ

2.だれ

3.なに  に対して


80:20の法則に従って

いいことに一点集中する!


これが、ナンバーワンになる方法 経営戦略づくりです