,

名刺交換、三つのコツ 上級編

 

名刺交換、三つのコツ 上級編 

 

@名前 =フルネームを聞く

A仕事

B関心

 

@名前、相手のフルネームを読む

坂上仁志さんですねと確認をする

 

相手の名前がわからなくても確認をしない人が多いが

やはり、初めて会った人は

 

フルネームで名前を確認することが

相手との信頼関係を積み上げる第一歩

 

A仕事

どんな仕事をされているのですか?

仕事内容を聞く

 

B関心

・どこ

・だれ

・なに

という三つのポイントを聞くといい

 

・どこ 

出身はどちらですか?

どこに住んでいるのですか?


今日はどちらこから来たかのですか?

どれでも構わない

 

・だれ

あなたは誰ですか?という意味

あなたはどんな人ですか?


・なに

何をされていますか?

どんな仕事をしていますか?

を聞く

 

もちろん、差し支えない範囲であり

初めて会ったのにあまり細かく聞かないほうがいい 

 

B関心とは


坂上仁志(さかうえひとし)さんって良いお名前ですね

どなたかつけたのですか?


ご出身はどちらですか?

そういう苗字はどこに多いのですか?

といういうように相手のことを聞く


または相手の会社の住所が東京都千代田区丸の内であれば

丸の内のどこのビルですか?

良いビルですよね

などと住所を聞いて会社などについて聞いてみてもいい 

 

・名刺交換のコツ


@初めの5秒

で、お互いにマルバツをつけている

つまり、相手がどんな人間かを判断している

 

A次の15秒

で、それを確認する作業を行っている

この人は自分の味方なのか敵なのか?

役に立つのかどうなのか?などを確認をしている

 

B次の30秒

で、ほぼ相手の印象を8割方、確定していると思っていい

従って初めの5秒から30秒が大きなポイントとなる

 

広い会場であれば、1分で切り上げて次の人と話をする

つまり、それ以外の人に会いに行く

 

どうもありがとうございました

ではこれで・・・

と言って別れればいい

 

お互いにあまり関心もないのに長話をしない

 

・名刺交換のコツ


@自分が聞くのが40秒

A自分の自己紹介を20秒

B2対1で聞く量を多くする

 

・名刺交換のコツ


@自分自身を売り込まないこと

私はこんな商品をやっていて

この商品はいいですから買ってください!


などとあった途端に売り込みされれば

相手は気持ちが引いてしまう

 

なので、そんなことをしないこと

しかし、自分の実績を述べるのはいい


例えば私であれば この10年間で1000回ぐらい講演をやりました

とやった実績を話す、さりげなく事実を話す 

 

・名刺交換のコツ


@話すと聞くは裏表

A相手が話したいことを聞く

B相手が聞きたいことを話す

 

・名刺交換のコツ


だれ・なに・どう

あなたは誰で

なたは何をしいる

あなたはどう私に役立つの?

 

を相手に聞き

そして同じように、自分自身について話す

 

私はこういう人間で

こんな仕事をしていて

あなたにこう役に立つ

 

と話すといい

その比率が相手:私=2:1

自分が聞く量を多くする