,

稲盛和夫JAL再生

 

稲盛和夫JAL再生

2010年JALの会長に就任し

無報酬78歳で始めました


そして2年で過去最高益を達成するという

素晴らしい結果を出されました

盛和塾の塾長でもある稲盛塾長には

僕は14年で約100回会ったんですけれども

この時稲盛さんが仰っていたのが「俺痩せたよ」って言ったんですね


正確な体重は分からないんですけど

仮に80キロだとすれば5キロくらい痩せて

75キロぐらいになっているはずなんです


それは自宅が京都にあって支部職場が東京

月曜から金曜日までフルワークで東京でホテル暮らしをして

夜はおにぎり1個で生活したんだという話もされてたんですけれども


それ以上に京セラの会長を辞めて仕事を一旦上がったのち

もう1回JALやり始めたことによって

ものすごく仕事をされたということなんです


それは我々経営者が皆見習うべきところで

普通60歳になったら終わりだとかワークライフバランスとか

言っている中で朝から晩まで仕事をする


それも78歳から全くゼロからその業界のことを学んで

航空業界も全く知りませんので


そうして例えば経営会議みたいなものが

丸2日間朝から晩まで朝9時から夜9時までみたいな

12時間というようなものを丸2日間根を詰めてやって


どこの路線が売り上げがいくらで収益が

どうだというのを数字をきっちり見ていくことによって

頭が冴えたんだよとも言っていたんですね

つまり仕事をするということによって

自分の体調も良くなりそして頭も冴えてきたんだ

ということを稲盛さんは仰っていました

ここから僕が思ったのは

まぁリタイアというのも良いんですけども

それだけではなくてやはり仕事を続けることによって

人間の能力というのはさらに伸びて修正されて

円熟味を増していくと言うんでしょうか


のんびり暮らすというのも良いんですが

一方でやっぱり仕事をしながら人の役に立ち喜ばれ感謝されながら

多くの従業員を作って日本のトップクラスの会社JALを

立て直し日本の再生に貢献したって言うんでしょうかね



経済にも役に立っていくという

素晴らしい結果を残された稲盛さんでした


〜坂上仁志公式youtube動画の「稲盛和夫JAL再生」より〜

ぜひ動画でもご覧ください動画を見る場合はこちらをクリック