,

新規事業の進め方はどうしたらいいのでしょうか?

 

巧遅拙速なのか? じっくり考えるのか?

 

経営相談

質問をいただきました

 

質問

新規事業は巧遅拙速であるほうがいいのか?

それともじっくりと見えてくるまで考えた方がいいのか?

 

回答

それはそれぞれの状況によります

しかし、まずは巧遅拙速で小さく始めることが大切です

 

なぜならば、やったこともないのに

いつまで考えていても何も始まらないからです

 

しかし一方で、 京セラの稲盛さんが KDDI のような通信事業

大きな事業に乗り出す時には巧遅拙速ではできません

 

失敗したときの損失が大きすぎるからです

したがって、細部に渡り見えてくるまで考え抜くことが大切です

 

しかし我々中小企業では

そこまで大きな投資を突然することがないので

 

まずは10万円の案件、100万円の案件

そして1千万円の案件とプロジェクト案件が小さなものをすぐに始め

 

そして、 一生九敗かもしれないが

とにかくたくさん、やり、多くの失敗をする

 

そして初めて、見えてくるまで考えることができるようになるのだと思います

 

なので結論は、まずは小さなものを巧遅拙速でいくつもやってみること

そしてだんだん大きな金額の大きなプロジェクトをやる

 

たくさんの小さな失敗を繰り返すことで

見えてくるまで考える習慣が作り上げられます