,

イノベーターとしての野村克也氏のすごさ

 

イノベーターとしての野村克也氏のすごさ

野村監督のポイントを3つ書きました

イノベーター

データ野球

そして弱者の戦略です


ランチェスター戦略そのままなんですね、

野村監督というのは

僕は野村監督という方を野球人として尊敬してるんです

監督も含めて日本一の野球の選手ではないかなと思っています


その理由がこれなんです

イノベーターということ

実は野村監督が作ったデータ野球というものが

今の日本を作り上げたと言っても過言ではないと思っています


そしてそれはアメリカの大リーグも真似をするようなものなんですね

簡単に言うと野村選手は三冠王も取ったんですけど

あんまり豊かな出ではなくて
お母さんに楽をさせてあげたい

プロになりたいんだと言っていて


高校生から行って落とされてみたいなのがあって

頑張ろうとヒットを打ちたいと思って素振りをしたと

でも打てないと


カーブが打てないとなった時にどうしたかと言うと

カーブの打ち方を研究するのも1つなんですが

実は野村監督はピッチャーの癖とかをデータを取り始めたんですね


あのピッチャーは1-2になったら3球目にカーブを投げてくるんだとか

カーブを投げる時にちょっと手が横に出るんだとか


そういうことを研究した上で

データを取ってあの人は何球目にカーブを投げてくるとか


一塁に走者がいたらこうなるんだという

データを取ってヒットの確率を上げたんです


それは今まで誰もやっていない野球の選手なんかで

誰もやってなかったことをやったというのは

非常なイノベーターだと思っています


それもデータ野球というものをさらに深く掘り下げて

最初はバットを振るストライクゾーンを

田んぼの田の字みたいに9つくらいに分けたらしいです


それをどんどん細かくしていって

あの選手は1球目には外角の低めがいいとか

そういうことをどんどんやっていたっていうことなんですね


そしてそれを自分でやりながらキャッチャーで

あったことも非常に大きなポイントなんですけど

自分でやりながら監督してもそれを選手に話をして

弱者の戦略として弱いチーム、南海ホークスですよね

昔南海なんてテレビ放送もないようなチームだったんですけど


楽天に行っても弱小だった楽天を優勝に導いた野球のまーくんを育てたりとか

そういうふうにして弱者の戦略をやりながらNo1になっていく

No1作りという意味では野球の中では

野村監督というのは非常に大きな功績を果たしたのではないかな


ということでNo1作りというテーマの中で野村監督のお話をさせていただきました


〜坂上仁志公式youtube動画の「イノベーターとしての野村克也氏のすごさ」より〜
ぜひ動画でもご覧ください!

「イノベーターとしての野村克也氏のすごさ」を動画で見る場合はこちらをクリック