,

どうやって社員に権限委譲をしていくのか? 社員への権限委譲の仕方

 

小さな会社の社長が仕事を社員に渡すタイミング

経営相談

 

質問をいただきました

 

どうやって社員に権限委譲をしていくのか?

社員への権限委譲の仕方

 

質問

 

私の会社は20人ぐらいですかまだまだ自分でやっています

権限を渡せない理由は不安だからです

 

でもどこかで渡さなければなりません

一体いつ渡せばいいのでしょうか?

 

回答

 

ポイントが三つあります

 

@社長の右腕を作る

A数字が分かるようにする

Bチェックする仕組みを作る

 

@社長の右腕を作るとは

 

社長の価値観を共有し

社長が今やっている業務を理解してもらうことです

 

まず一人、右腕を作ることで

その次に 二人三人と作っていくことができます

 

価値観を共有するそのためには

ただ口先で言うだけではなく

 

やはり書き出して、話をし、丁寧に伝えていく

ことも大切だと思います

 

A数字が分かるようにするとは

 

会社が目標としている、

売り上げ数字、粗利額、顧客数、 経費項目など

 

 経営に必要な数字をオープンにし

ともに共有していくということです

 

その目標を全社員で共有するために

それぞれの数字がどう言った意味を持つのかを

 

右腕のひと一人に

まずはきちんと理解してもらうことが大切です

 

Bチェックする仕組みを作るとは

 

権限委譲をする、仕事を任せると言っても

なげっぱなしにしないことです

 

つまり、毎週、毎月、必ずチェックすることです

 

具体的には、月次報告書などを作り

必要な数字をチェックしていくことが大切です

 

そのプロセスを経て初めて

権限委譲が完成してくるわけであり

 

突然、権限を委譲する

ということは無理だと思います

 

ちょうどマラソンを始めようとした人が

突然40 km 走れるようになるのではなく

 

まずは5キロ、そして10キロ、20キロ、30キロと

距離を伸ばしていくように

 

権限委譲も、 10%、30%、50%と

パーセンテージを増やしていく必要があるのだと思います