,

ラファエルナダルの情熱 生き様の素晴らしさ

 

テニスのグランドスラム US オープン 2019

4回目の優勝ラファエルナダル


テニスにあまり興味のない方でも3分だけこの動画を見てみてください


決勝ハイライト映像

過去19回優勝の映像を見るナダルが感極まって泣いている映像も

美しい


テニスのグランドスラム優勝回数 2019年9月現在


ロジャーフェデラー 20回 

ラファエルナダル  19回 

ノバクジョコビッチ 16回 


2010年からの10年間での優勝回数は 


ロジャー・フェデラー  5回

ラファエル・ナダル  13回 

ノバク・ジョコビッチ 15回

 

アンディマレー、スタン・ワウリンカ、3回 

リン・チリッチ、1回 


この10年間、3人での優勝回数が33回 

優勝確率80%以上 

ほぼ独占状態(笑) 


・ナダルのインタビューより 


重要なのはグランドスラムの勝利記録よりも、長くトップレベルで現役を続けることだと 


 「もちろん、一番勝っている人になれればいいが、そこは目指していないし、 

 そのために毎日練習したり、試合をしたりしているわけではない」


「僕がテニスをやっているのは、テニスが大好きだからだ。 

 グランドスラムのことだけを考えられない。テニスはそれ以上のものだ」 


「だから、残りの部分も考える必要がある。 

 僕にとってプレーは喜び。もちろん、勝てればものすごくうれしい」

「この大会がファンを引きつけ、関心を呼んだのだとしたら、 

 それはテニスというスポーツにとって良いことだろう? 

この戦いに参加できたのを光栄に感じている」

「だけど繰り返しになるが、あっちのが多い、こっちのがちょっと少ないと、

 隣をずっと気にして過ごしていたら気が休まらない」 


「これまでのキャリアで、僕は昔思い描き、

夢に見たのをはるかに上回る実績を挙げることができた」


「確かに最多記録をつくれるに越したことはない。 

 だけど到達できたら喜びが増すとか、できなかったら減るとかいったことは全くない」 


 「僕に喜びをもたらすのは、ベストを尽くした充実感だ。 

 その意味で、今の僕はすごく心穏やかだし、自分に心から満足している」 


 ラファエルナダルの情熱 生き様の素晴らしさ 

 33歳と思えない人格を感じる