,

身分証明書、定期券、パスモをなくした時

 

「PASMO貸して?」
「どうした?」
「無くした」


娘との会話です


よく聞いてみると
学生証、保険証、定期券、 PASMO 全て無くしたそうです
「え〜っ、びっくり!早く言えよ!!」と(笑)


「どこで無くしたの?」と事実の確認

バスには乗った時にはあった
でも家に帰ってくるまでになくなった


「ということは、バスの中じゃない?」
「いや、もうバス会社には電話した、来たら連絡すると・・」

「警察には電話した?」
「いや、まだしてない」
「すぐしなよ!」


そして10分後に解決!
警察署にあったとのこと


「早く相談してくれよ!」という感じでした
でも、普通考えればすぐにわかるような気がします


「ちゃん、ちゃん!」です(笑)

でも、まあ、良かった!と・・・


■娘が学生証、保険証、定期券、全て無くした話 第二弾


実は つい最近、道にあった財布を私が拾いました
中を見ると2万円入っている、免許証もあった


で、住所がわかったので、そのマンションに届けに行きました
1階のポストに入れておけばいいかな、と思ったのですが

財布だし貴重品


免許も入っているので、その人の部屋まで行ってピンポン押しました

でも、出てこない・・・


私も仕事で急いでいたので、仕方なく
部屋のドアにあるポストにその財布を入れておきました


さらに、あとでメモまで入れにもう一度、訪問
でも、残念ながらまたいなかった


今回の件で、ふっと、そのことを思い出したのです


つまり、巡り巡って返ってくる
世の中、そういうふうにできてるんではないか・・と思いました


仮に、私がその財布をもらっていたら
娘の学生証も帰ってこなかったのではないかと・・・


そんなこと
ある気がしませんか?


拾得者(落とし物を拾った方)の権利について

 

 

■娘が学生証、保険証、定期券、全て無くした話 第3弾 

 

まだあるのかと・・・(笑)

 

「届けてくれた人は分かったの?」と聞いたら

「警察は教えてくれない、拾ってくれた方がいらないと言った」とのこと

 

「PASMO にはいくら入っていた?」と聞いたら

「4000円」

 

「であれば、その10%400円を今日、寄付しなさい」と言いました

なぜなら、全部なくなったと思ったら安いものだから

 

拾ってもらった時に、ただラッキーと思うのではなく

どこかで必ずお返しをする

 

これ、大切だと思います

 

以前、私がサッカーで足を骨折した時に

足が不自由している人の団体を探して寄付をしました

 

自分が困って初めてわかることがあったからです

何かちょっとしておきたかった

 

すっきり、けじめをつけたい

そんな気がしたからです

  

日本障害者リハビリテーション協会

 

* 追伸

 

他にもある団体に寄付をしたのですが

その後電話をして収支の状況を確認したところ

 

ちょっと怪しい団体でした

 

そういう団体があるので

寄付をする先はある程度調べてやった方がいいですよね

 

表面上は素晴らしい活動しているようなのですが

実体が伴わない、ヘンな組織が存在します