,

理念とは何か? 理念の本当の意味

理念とは何か?

理念というの言葉の定義

 

まず、理念、理念と念仏のように唱えることをやめ

本質的に言葉の意味をひも解いてみましょう

      

理念 

1 ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え。
「憲法の―を尊重する」
2 哲学で、純粋に理性によって立てられる超経験的な最高の理想的概念。
プラトンのイデアに由来。イデー 大辞泉

 

理:すじ、ことわり、きめ
念:心中深く思う

これより、「理念」とは

心中深く思うすじ・きめごとと解釈できます

 

辞書を引くと、理念=ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え、とあります。

理念の理は、すじ、ことわり、きめという意味。


理念の念は、今+心からなり心中深くかみしめるという意味です。


この「念」という文字が大切で、「理念」とは「信念」にまで高まった哲学なのです。

強き思想、強い思いがあるものです。


仮に強さの度合いを3段階あるとすると


レベル1=少し思っているというレベル

レベル2=強く思っているというレベル

レベル3=とても強く思っているレベル

があります


このレベル3の段階まで到達したものが本物の理念といえるます。


しかし、残念ながら、世の中の90%近くの会社には

レベル3にまで達した強い経営理念はありません。

少し思っているという程度の経営理念が大半です

あなたの会社ではいかがでしょうか?

 

理念とは信念です

その人が思うとても強い思い

 

てこでも動かないような信条

哲学とも言えるまで高まった強い思いです

 

「 嘘をつくな」

 

これは一つの考え方です

誰でも知っている

 

しかし、これを理念にまで高めるのが難しい

実行し続けることが難しいのです

 

「 嘘をつくな」

 

この言葉を

知っていること

わかってていること

 

口で言っていること

紙に書いていること

 

それらと実行していることは全く別なのです

 

「 嘘をつくな」

 

強くそう思わなければ

簡単に嘘をついてしまいます

 

だから、 強く強く思い

自分の信念だというところまで強く思い

 

それを守るためには

命をかけても構わないというほどの覚悟を持つ

 

哲学、フィロソフィと言えるような

強い意志をもって初めて理念と言えるわけです

 

「何を大層な、時代錯誤のことを言っているのか」

と思われるかもしれません

 

しかし、理念とは本来、それほど強い意思を伴うものであり

 

「命をかける」「身を捧げる」

 

というような言葉が似合うものだと思うのです

 

 

■では、社是、社訓、信条とはなんでしょう?

 

辞書で引くと・・・
社是=会社や結社の経営上の方針・主張。また、それを表す言葉


社訓=その会社で、社員が守るべき基本的な指針として定めてあること
信条=自分の行動の指針として、かたく信じて守っているもの 信仰の箇条、教義

 

漢和辞典を引くと
是:正しいことの意、真っすぐなさじを表した文字
訓:おしえ、すじを通した言葉の意


信:まこと、約束を守る、通すの意
条:すじ、道理の意 とあります

つまり
社是=会社での正しいとされること


社訓=会社での教え
信条=誠、道理