,

「グリーンブック」「運び屋」「バリーシール」

「グリーンブック」

「運び屋」

「バリーシール」

 

 

■「グリーンブック」ってご存知ですか?

 

https://gaga.ne.jp/greenbook/

 

2019年アカデミー賞の作品賞ほか3部門を取った映画です

 

たまたま、何の気なしにみたのですが

これがすごくいい!

 

1962年のニューヨークを舞台にした

イタリア人と黒人の物語

 

最近の映画は飛んだり跳ねたり CG がたくさんあったりして

アクションものとしては楽しいのですが

 

ちょっとは飽きるところもある・・・

ところがこの映画は、全く違うテイスト

 

細かい部分に色々な仕掛けがしてあって

見逃したことが多かったかもしれませんが

 

ちょっと玄人好みの映画

脚本が素晴らしいのだと思います

 

「お〜、久しぶりに良い映画にあったな」という感じでした

 

後味のいい

こころ温まる作品です

 

 

■映画「運び屋」見たことありますか?

 

http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

 

普通のおじいさんがひょんなことから

麻薬の運び屋になる話

 

ちょっと、ドキドキしちゃう映画

 

クリントイーストウッドが未だに現役でやっている

すごい才能!

そして、体力

 

調べてみたらなんと88歳

監督と主演です

 

65歳定年とか言ってる人いますが

そこから23年間あるわけです(笑)

 

それも、ちょこっと仕事をするのではなく

売上160億円を超える映画の監督と主演

 

驚き以外のなにものでもありません

 

2008年12年前の「グラントリノ」で引退する

と言いながら 未だに現役

 

しかも、監督で二度アカデミー賞とってます

チョットことば悪く言うと「恐ろしい、じいさん」です(笑)

 

監督兼出演

『許されざる者』

『パーフェクト・ワールド』

『マディソン郡の橋』

『ミリオンダラー・ベイビー』

『グラン・トリノ』

『運び屋』

監督のみ

『ミスティック・リバー』

『硫黄島からの手紙』

『アメリカン・スナイパー』

『ハドソン川の奇跡』

出演のみ

『ローハイド』

『荒野の用心棒』

『夕陽のガンマン』

『真昼の死闘』

『アルカトラズからの脱出』

『ダーティハリー』シリーズなど、だそうです

 

ふ〜っ、すげ〜(笑)

やっぱり、生涯現役が一番いいですよね!

 

■映画「バリーシール」は見たことありますか?

 

クリントイーストウッドの「運び屋」を

昨日ご紹介しましたので今日は第2弾

 

麻薬の運び屋つながりで

トムクルーズ主演の「バリーシール」があります

 

これもまた、ちょっとドキドキする映画ですが

かっこよさがある

 

クリントイーストウッドは車ですが

トムクルーズは飛行機(笑)

 

トムクルーズですから・・・ね

パイロットとか似合っちゃう

 

「麻薬の運び屋って、儲かる〜」使い切れないでしょ、それ

 

「どうやって使うんだろう?」などと考えてしまう映画(笑)

 

でも、そこまで行くと

「もう戻れなくなっちゃうんだろうなぁ・・」

というような話

 

実話を元に作っているそうです

もう少し詳しくはこちら

 

「バリーシール」

 

https://movies.yahoo.co.jp/movie/361148/