,

銀座でホッとするうれしい出来事 感謝すべき人々

 

■銀座でのうれしい出来事

 

銀座のあるレストランをミーティングでよく使います

スタッフの方も10人 以上いる

 

静かに打ち合わせができるので

毎月のようにもう数年間、使っています

 

その中でなんとなく感じのいい子と仲良くなりました

その彼が私に近寄ってきて

 

「さかうえさん、ぼく、今度、結婚するんです」 と言ってくれました

「そう!おめでとう!」と、私

 

でも、なんか、それだけじゃ悪い気がして

このあいだ、その店に行く時に銀座三越の地下2階、デパ地下で

 

紅白のまんじゅうを買ってプレゼントしました

 

そしたらとても喜んでくれて

「うわっ、ありがとうございま〜〜す!!」と声が裏返っている(笑)

 

こちらも嬉しくなりました

やっぱり、人と人との小さなつながりに喜びがあるといいですよね

 

生きがいを感じます

「あ〜よかったなぁ」と思います

 

その店に行くのが楽しみになりました

 

■先週、銀座に行って本当に驚きました(2020.02)

人が少ない!!

 

特に中国人が激減しています

以前は歩いていてすれ違う人がほとんど中国人だったのに

 

500 M 歩いても、一人しかすれ違いませんでした

銀座三越の地下の食料品売り場もガラガラです

 

以前の1/3程度しか人がいません

銀座には中国人ばかりだと不満を言っていた人もいますが

実はもっと感謝しなければならないのではないかと思います

 

なぜなら、その人たちがお客様としてきてくれて

お金を落として行ってくれるから

 

観光業というのはそういうものだと思います

日本が観光立国になるにあたって

我々の考え方も変えなければならないのではないでしょうか?

 

中国人はお客様です

お金を払ってくれる人

 

だから、頭を下げて

ありがとうと言わなければいけない

 

そう言われて、自分は関係ないよ

と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません

 

やはり、お金は巡り巡って来る

なので、日本人にとって中国人はお客様であるはずです

 

コロナウィルスは

そう考え方を変える良いきっかけになったと思いました