,

網走刑務所の博物館 たたき起こすの意味 流氷 おーろら

網走刑務所の博物館 たたき起こすの意味 流氷 おーろら

網走刑務所の博物館があるんです

ご存知ですか?

 

URLが"kangoku.jp"

チョット笑っちゃいます

 

でも、昔の現実は笑えるものではない

 

博物館 網走監獄 公式サイト

https://www.kangoku.jp/

 

一見の価値のある博物館です

 

もとはと言えば脱獄王「白鳥由栄」を知り

一度、見てみたいと思って行ったのです

 

http://uroneko02.com/0509_siratori.htm

 

小説では、吉村 昭 『破獄』(新潮文庫)があります

 

https://amzn.to/2W5KZRB

 

暖冬だといっても、2019.02.09

網走の最低気温はマイナス19.8度 

 

超、寒いです

 

https://weather.goo.ne.jp/past/409/20190200/

 

暖房もないその環境で布団一枚で寝るそうです

 

楽しみは食事と寝ること

そして、週に1回から2回程度のお風呂(5分くらい?)

 

「そうか!やっぱり人間の根源的な欲求は

食べる、寝る、風呂に入る、快適になるということだよなぁ」

と強く感じた覚えがあります

 

「叩き起こす」という言葉をご存知ですか?

これはこの網走刑務所で生まれた言葉のようです

 

囚人達は寝る時に丸太を枕に横に数人並んで寝る

そして看守が起こす時に、その丸太をヨコから木槌で叩いて起こす

 

というところから

「叩き起こす」という言葉が生まれたそうです

 

「なるほど!そうか!」と思いながら

ちょっと、切ない気持ちがした記憶があります

 

「辛かったろうなぁ」と・・・

 

 

「流氷って何?」

うちの娘に聞かれました

 

「えっ、流氷知らないのか?」と驚きましたが

確かに見たことなければ知らないかもしれない

 

そして、こちらのサイトを伝えました


https://www.ms-aurora.com/abashiri/

 

実際に私が流氷を見たときにこの船に乗ったからです

 

「おーろら」響きが良い、カッコいい

写真だけ見ると乗ってみたくなりますよね!

 

でも、恐ろしい!

 

なぜかと言うと

「もしこの船が沈んだら間違いなく死ぬ!」と思ったからです

 

確かに、流氷はきれいなんです

けれども、それ以上に怖くて仕方がなかった

 

ほぼ0度の水に入ると、

人間は10分で体温が28°以下になり死ぬそうです

 

なまじ、そんなこと知っているから

沖に出たら気が気でない(笑)

 

船員さんにとっては毎日のことで

ニコニコして何でもないんでしょうけど

 

私はドキドキ

というより、ブルブルに近い

 

「もう少し沖に出る、ともっと大きな流氷が見られます」

といわれても

 

「早く戻ってくれないかなぁ・・・」

と思っていました

 

帰港して、船から下りたらホッとした覚えがあります

 

「やっぱり、陸上が良いね〜」

なんて独り言いってましたし・・・

 

 網走刑務所の博物館と流氷を見に行く「おーろら」は

車で10分程度の近い所にある