,

オススメ小説 『邂逅の森』 直木賞 山本周五郎賞 『黒い家』 日本ホラー小説大賞

■『 邂逅の森 熊谷 達也 ご存じですか?

 

私の中では5〜10年ぶりの大ヒット(笑)

素晴らしい小説です

 

こちらのAmazonレビューも見てください

星5つばかり

 

https://amzn.to/2Yxm5LO

 

秋田の貧しい小作農に生まれた富治は、伝統のマタギを生業とし、

獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。

 

鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず、再びマタギとして生きる。

 

失われつつある日本の風土を克明に描いて、

直木賞、山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した感動巨編。

 

山の静寂と俗世間の対比

男と女、支配する側と支配される側の対比も素晴らしい

 

535ページあるのでちょっと厚い

休日にでもゆっくり読んでみてください

 

コロナの影響で、本を読み、映画を見る時間が増えました

 

 

■『 黒い家 』貴志 祐介著 ご存じですか?

 

https://amzn.to/385RLLl

 

わたしは知りませんでした(笑)

第4回日本ホラー小説大賞受賞作

 

『邂逅の森』熊谷 達也に続き初めて知った作家ですが

『黒い家』は『邂逅の森』のような清々しさがありません(笑)

 

なぜなら、ホラー小説だからです

当たり前か・・・

 

でも、ホラー小説らしい

おどろおどろしさにグイグイ引き込まれます

 

保険金殺人がテーマとなっており

本作品の発表翌年に発生した和歌山毒物カレー事件と

内容が酷似していることで話題となった、とのこと

 

映画化もされたようですが、とっても評判が悪いので

映画は見なくてもいいようです・・・

 

著者が生命保険業界にいたので

内実が詳しく描かれているのも魅力の一つ

 

これから夏にかけて

チョット恐い小説を読みたかったらオススメです

 

 

■『すべてがFになる』森博嗣 ご存じですか?

 

https://amzn.to/2VnBexk

 

第1回メフィスト賞(1996年)受賞作

 

『すべてがFになる』期待していたのですが

読み始めたらつまらない・・・

 

アマゾンのレビューを見たら

評価が高いのと低いのに大きく割れる、両極端

 

これはつまり人の好き嫌いによるのだと思います

良い悪いではなく、好き嫌い

 

相性が合う、合わないというもの

 

小説というものは、料理と同じように好き嫌いがあり

文章、書き方に合う合わないがある

 

森博嗣の他の本も買ってみたが

私にとってははなぜか、ちっとも面白くない・・・

 

最初の10ページを読んだだけで

もうやめよう!と思ってしまうような相性の悪さ?

 

でも、それでいいでいいではないかと思います

 

世の中にはたくさんの本があるので

自分の好きな本だけをまず読んでみたらいい

 

嫌いな本を無理やり読む必要はどこにもない

そう思った本でした

 

チャンチャン!