,

クラブハウスで出会った人たち 3

クラブハウスで出会った人たち

クラブハウスのことは
もう話そうと思うといくつでも物語があります(笑)

なぜなら、一つのルームを開くと
たくさんの人と出会えるからです

仮に100人の人が来て、10人と話をする
そんなルームが、一日に2回3回開かれ、参加する

それは、大きなパーティーに出かけて行く体験が
1日に3回ぐらいあるイメージです

だから、たくさんの物語が生まれる

渋谷の駅前で立ち話をしてるのが
ひとつのルームの感じ

そこで、人が集まっていろんな話をする

もちろん、話を聞くだけの人もいるんですけど
たくさんの物語に出会えることは確かです

そして、そこに来る人たちの意識がそれぞれ違う

ある人はビジネス
ある人はただ楽しめばいい
ある人はただ聞くだけ

これもまた面白いんです

家にいながら、いつも会わない人達と会い
人間を学ぶ場のようになっています

 

 

■クラブハウスで出会った人たち

 

百万部を超えるベストセラー作家

売上200億円社員700人の社長

 

上場企業の社長などなど・・・面白い人に出会えます

 

私の場合、ど厚かましいので

その人にすぐに連絡しちゃいます

 

その時の確率は25%、1/4です

 

つまり、4人にメールを送ると、2人が全く無視!

何にもしてくれない・・・

 

そして一人が、二日後ぐらいに

いかにも形式的なごめんねの連絡

 

そして、4人のうち一人だけが

「いいですね!じゃあ一緒にルームでもやりましょうか!」と言ってくれる

 

そんなもんだ!と思いました

確率的に1/4なんですよね

 

これもやってみてわかったことです

 

1人に1回だけメール送って

うまくいかなくてショック!と思うよりも

 

複数の人に連絡して

そういうものだと思うことも勉強

 

別に何も失うものないじゃないですか!

ただの赤の他人が連絡を取りあって

 

一緒に話をする、その程度のこと

と思うようにしています

 

あまり深刻にならないように

サイバー社会ですから・・・

 

でも、私の方では礼節を持つようにしています

これも、大切!!

 

 

■クラブハウスで出会った人たち

 

クラブハウスの中には、ルームという部屋があって

それがたくさん立ち上がっています

 

一度だけ行くような部屋もあれば

毎日のように訪れる部屋もある

 

自分の居場所があるような、拠点となるような

そんな部屋があると楽しいんです

 

私がよく行く部屋に行ったら

 

「坂上さん、ファンなんですよ〜」

とあるおばちゃんに言われました

 

「何でですか?」と聞くと

「坂上さんが人の話を聞くときに、ちゃんと聞いてるからです」

 

「どこがですか?」と聞いたら

「うん・・うん・・」と頷いてくれる

 

「それが心にしみるんです」

と分かるような分からないような説明・・・

 

でも嬉しいです!

「追っかけをしてるんですよ!」と言われてびっくり

 

私が他の部屋に入って話すのを

わざわざ聞きに来てくれるそうです

 

ありがたいですね!

ちょっとした有名人になった気分(笑)

 

 

■クラブハウスで出会った人たち

 

いや〜〜、調子づいてやっちゃいました・・

 

経営相談のようなものをすると

どうしても自分自身に気合が入る

 

キツめに話をしちゃうんですよね

 

「もうちょっと、こうした方がいいですよ!」

「頑張ってくださいね!」みたいなことを言ってしまう

 

ある女性の人が、私に相談をしたのですが

ちょっと質問が長い

 

なので

「ちょっといいですか?」

「質問は何ですか?短く言ってください」

 

と言ったら

あっという間に嫌われちゃいました・・・(笑)

 

難しいんですよね、話の長い人

 

私は気にせずに、そういう人の話を中断してしまうのですが

その人にとっては嫌だったようです

 

感じが良さそうな女性だったので

私はその人のこと、少し気に入ってたんですけどね

 

その想いはあっけなく粉砕されました

でも、悪いのは私なんですけど・・

 

まあ、こういうこともあると

自分を慰める

 

実際に会っていたら大変だったんでしょうね

きっと

 

クラブハウスでよかった!

ほっ