,

仕事とは人格の延長である


 

仕事は重荷であって必要とされるものである
呪いであって、祝福されるものである


仕事を失うことが人を傷つけるのは
金銭でなく誇りのためである

仕事とは人格の延長である

それは自己実現の源泉である
自らの価値をはかり、自らの属性を知る手段である


(ピーター・F・ドラッカー)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


仕事とは何か?


仕事とは何かと聞かれ、お金を稼ぐ手段!という答えもある
しかし、P・F・ドラッカーは人格の延長だという


仕事とは嫌なものであり、楽しいものでもある
仕事が嫌なら地獄であり、仕事が好きなら天国である


仕事とは己を磨き、世に貢献するためのもの


仕事とは自己を高める手段であり
自分自身の成長を確認するためのもの


自分が所属する組織があり
社会への貢献を通じて、自分自身の価値をはかるもの


仕事とは全人格が反映されるもの
だから、こころを高める必要がある
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−