,

謙虚な生き方

どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることができません
人間としての第一の条件は、まず謙虚であるということ

とにかく私たち人間は、自分のことは棚に上げて
相手だけを変えようとするものです
しかし、自分の思うように相手を変えようとしても
金輪際変わるものではありません
相手を変えようと願うのであれば、まず自分自身を変えることが先決
自分が変わったぶんだけ、相手も必ず変わります
「私が私を捨てれば、そこにあなたがいる。
あなたがあなたを捨てれば、そこに私がいる」(山本紹之介)
という言葉がありますが、そのとおりだと思います
謙虚な生き方をして何よりもうれしいのは、あと味のいい人生を送れるようになるということです
幸せな人生を送るためには、あと味のいい生き方をすることです
(鍵山秀三郎)