,

VOL6『老舗』に学ぶ【継続性】と【卓越性】


老舗とは我々が生まれていないずっと前から、連綿と続いている企業です
その【継続性】や強さから何が学べるのでしょうか?


老舗の強さは様々な切り口から見ることが可能です
きっと、老舗はあるルールにのっとって企業を継続的に反映させているでしょうから、これから具体的な会社の例をみながら、その秘密を解き明かしていきたいと思います

【エノキアン協会】をご存知ですか?

老舗について語るときはまず、【エノキアン協会】(本部:パリ)についてお伝えしなければなりません。

【エノキアン協会】とは、伝統企業の国際組織、つまり世界の老舗の協会と言えます。フランスの企業を中心に、世界の歴史ある企業の協力関係を築き、さらに産業活力と伝統は調和することを証明するという目的を持っています

エノキアン協会の会員資格は
(1) 創立200年以上の歴史を有する企業であること。
(2) 創立者が明確で、その同族者が現在でも経営権を持っていること。
(3) 経営状態が良好であること

で、世界8カ国 計35社で構成されています(2005年11月現在)

日本からは現在4社が加入しています。

法師(西暦718年:創業1288年の温泉旅館業)
月桂冠株式会社(西暦1637年:創業369年:酒造業)
岡谷鋼機(西暦1669年:創業337年:商社:名証一部上場)
赤福(西暦1707年:創業299年:和菓子製造・販売)

です

ここで、老舗全体を総括して見てみましょう
仮に100年以上続く企業を「老舗」とするならば、その数は日本でも数万社はあるようです。
1868年が明治元年ですから、明治元年に創業した会社は現在、創業138年。
明治時代が始まって10年もすると、次々と企業が起こりましたから、創業100年を迎える企業はこれからも毎年出てくることでしょう

そして、200年以上続く会社は約800社と言われています。
それらの会社は、1806年以前の創業ですから、江戸時代の末期、成熟した文化が花開いていた頃に創業されました

そして、老舗の中で、現在、上場企業している会社は約250社あります。
それらの会社は、任天堂、松井建設、養命酒製造、田辺製薬、松坂屋などです100年以上の歴史を通じ、過去の事業内容を続けている企業もあれば、新規事業をおこし、事業内容を変更した企業もあります。


また、アメリカの老舗についても、少し触れておきます
アメリカと言う国そのものが、建国200年ほどですから、当然200年以上続く企業はありません。
その中でも、100年以上続いている素晴らしい企業もあります

医薬品・健康関連商品では、長年、増収増益の好業績を誇る、
超優良企業としてジョンソン&ジョンソン(J&J)が有名です

また、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の我が信条(Our Credo)は経営理念に関する教材としてもMBAを持っているほとんどの方はご存知かと思います

ジョンソン&ジョンソン(J&J)が継続した理由のひとつとして、この我が信条(Our Credo)は重要な役割を果たしていると言われています


*我が信条(Our Credo)
 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)には、企業活動を通じて「顧客」、「従業員」、「地域社会」および「株主」に対する責任を果たしていくべきであるという経営理念『我が信条(Our Credo)』があります。

 この経営理念『我が信条(Our Credo)』は、世界中のJ&Jのカンパニーで共有されており、世界の各地域で36の言語に訳されています。

(ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)ホームページより)

我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。

我々の第二の責任は全社員 ――世界中で共に働く男性も女性も―― に対するものである。

我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、更には全世界の共同社会に対するものである。

我々の第四の、そして最後の責任は、会社の株主に対するものである。
事業は健全な利益を生まなければならない。



次週からは、具体的な老舗の経営者に取材をした内容のサマリーをこのページにてご紹介していきたいと思います

私たちの祖父母の祖父母が生まれたときより前に創業した企業とはどんなものなのか?
その歴史の前に頭が下がります

【継続性】と【卓越性】
それを持つヒントの一つでも、連綿と続く老舗の経営者からお伺いできたらと思います

お楽しみに