,

公明正大に利益を追求する





会社は利益を上げなければ成り立ちません
利益を上げることは恥ずべきことでもなければ
人の道に反したことでもありません
自由市場において、競争の結果で決まる価格は正しい価格であり
その価格で堂々と商いをして得られる利益は正しい利益です
厳しい価格競争の中で合理化を進め
付加価値を高めていく努力が利益の増加を生むのです
お客様の求めに応じて営々と努力を積上げることをせずに
投機や不正で暴利を貪り、一攫千金を夢見るような経営が
まかり通る世の中ですが、公明正大に事業を行い
正しい利益を追求し、社会に貢献していくのが京セラの経営です