,

一燈照隅 万燈照国


一燈照隅 万燈照国
(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこく)

能(よ)く一隅(いちぐう)を照らす者にして始めて
能く照衆・照国することもできるのである
微力をあきらめてはならぬ
冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、また閑にも耐えて
激せず、躁(さわ)がず、競わず、随(したがわ)ず
自強してゆこう
安岡正篤