,

福井顧問特別講座「アメーバ経営講座」開催 2007.02.24


講義メモ



思想の深遠なるは哲学者のごとくして
心術の高尚正直は元禄武士のごとくして
これに加うるに小俗吏の才をもってし
更に加れるに土百姓の身体をもってし
はじめて実業社会の大人足るべし

福沢諭吉

人生・仕事の結果=考え方*熱意(努力)*能力

●経営のセオリー

売上げは最大に経費は最小に:利益はあとからついてくる

数字で会話する・・・しょせん00円で商売をしている

●ユニットオペレーション

経営の欠点を直視
現場、現実、現金を見る(見える経営・見せる経営)
見て見えず、聞こえて聞こえず→報告のシステムアップ
働きの評価をする
ユニットの成功は拡大のブロック化により成功を倍加する

●会議のルール

事前説明は受けない 発言はすべて会議で聞く
結論を先に言え
論理的に飛躍をするな
皆が持たない資料で説明するな
抽象的な言葉、情緒的な言葉を使うな
他人にわからない言葉、専門用語を用いるな
小さな声で発言するな
否定的な発言をするな(あいまい語の禁止)
ストーリーを組み立てて話せ

*私がセミナーでよいコミュニケーションの例で
事実、数字、結論と言っていますがこちらの方がより具体的です

●松下電工 三好会長

トップ失格の条件
しっかりやってくれと部下に頼りきる
事業部に任せきり
全身全霊をかけない(責任)
事業の方向を示さない
組織つくりをしない
自分で生の情報をとらない