,

1/28 「掃除をすると謙虚になれる」


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●「掃除をすると謙虚になれる」

どんなに才能があっても
傲慢な人は人を幸せにすることができません
人間としての第一条件は、まず謙虚であること

その点、トイレ掃除をしていると、自然と謙虚な気持ちになります
トイレ掃除をして傲慢になったという話を聞いたことがありません

自分が謙虚になると
自分と接する周囲の人々の対応も自然に変わってきます

「私が私を捨てれば、そこにあなたがいる
あなたがあなたを捨てれば、そこに私がいる」

謙虚な生き方をして何よりもうれしいのは
あと味のいい人生を送れるようになるということです
鍵山秀三郎

●心が偉大な業績を産む

私は、人の心をベースにした経営を行ってきました
心をベースにした人間関係を築くには

素晴らしい心の持ち主に集まってもらえるような素晴らしい心を
経営者自らが持たねばなりません

そう考え、私は経営者としてのわがままを自戒しています

たしかに人の心ほどはかなく移ろいやすく頼りないものもありません
しかし、世の中でこれくらい強固で重要なものもない
のではなかろうかと思います

心は心を呼ぶということを忘れてはいけません
稲盛和夫

●目というのは、非常に臆病にできていますが
手には勇気があります

●従業員に責任を持たせることで
収益性をあげる方法を3つ上げてください
ピーター・F・ドラッカー

●中にいて中と思わぬ霞かな
娑婆即寂光浄土
森信三

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●掃除という行動を通じて、気づきがおこり、謙虚な人になれる

他人と過去は変えられない、自分を変え未来を変えよ

人は変わることができます
それは、行動することで変わることができるのです

人を変えようとする無駄な努力をせずに
自分を変える努力をする

そのために、小さな行動からはじめる
そのコツは掃除をすること

お金をかけずに幸せになる方法ですね
人は目に見えるものに似てくると

整理整頓して、ピシッとした環境にいると
心も整理されます

心が臆病になった時も
行動をすることで気持ちは変えられます

●会社のために命をかける、つまり使命を持つ

このためになら死んでもいいという使命感
経営者がその心を強くもった時に経営は強くなります

その心に、社員の心が引き寄せられ
強い結びつきとなり偉大な業績をもたらす
といえるのかもしれません

●魚は水の中にいることを知らず
人は空気があることに気付かない

霞の中にいて五里霧中
人生をどう生きていいか迷う

しかし、この世は考え方しだい
生き方しだいでなんとでもなる

逆境は神の恩寵的試練なり
と思えたらすべて感謝

この世は浄土となるともいえましょう


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●ご案内した「そうじスケジュール」

今年中に3回はどこかに参加してみてください(半強制?です)
スグすること!ですね・・・

2/21(木)新宿歌舞伎町

詳しくはこちら↓↓↓↓
http://www.foster1.com/article/13174087.html

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−