,

販売をする時に必要な3つの要素とは?


●販売をする時に必要な3つの要素とは?

 

@リストAツールBトークです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


営業マンでこの3つがそろっている人が全体の10%
キチンとそろっている人が3%程度だと思います

それが現状です
あなたの会社の営業マンに聞いてみて下さい

 

「ありますよ」と言います
でも「じゃあ見せてみて」というと
「・・・・」
これが実態

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


@リスト

 

どこに行こうと決めるものです
わかっている
でも、書きださないのです

 

だから、書きだして持つ、いつも見るといいのです
絶対に仕事をくれるお客様のリストがあるとしたら
こんなにいいものはありません

 

だからいつもリストを整理してどのお客様にどういう順で
何をどう話そうと考えることが大切です

リストは営業にとって命です

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


Aツール

デキル営業ほど、いいツールを持っています
説明資料やQA集など

 

最近はノートPCを使う人もいますが紙でもOKでしょう
わかりやすいこと
相手に理解してもらいやすいことが大切です

 

結論から書いてある
箇条書きになっている 数字がある 対比がある
などがわかりやすい資料・ツールの特徴です

 

Bトーク

話すということです
営業は言葉を操れなくてはいけません
自分で何を言っているのかわからない人がたまにいます(笑)

 

プレゼンテーションは計画されたものでなければいけない

お客様の前ではじめて話すようではだめです

最低でも3回の練習はしてゆく
できたら10回、30回、50回話す練習をする

 

寝言でも言えるくらいにする
そこまで練習すると初めてトークと言えます

プレゼンテーションと言える
どうでしょう?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


営業マンの100人に一人もやっていないでしょう
1000人に一人いるかどうかです
だから、やれば勝てるのです

 

トークとは 言葉を選び、順序立て、論理的に組み立て話す
ある意味、役者の芝居にも似た領域に近づいてゆきます

 

芸術の世界です

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−