,

経営者と家庭 (私生活)

  

●経営者と家庭 (私生活)

 

奥さん(彼女)との関係は大丈夫ですか?
話はしていますか?

仲良く見えても実は・・・なんて人が多いのです

  

離婚の危機にはありませんか?
えっ?もう離婚している・・・

離婚なんてしないけど、外にもう一人いるよ・・・などなど

   

経営者のほうが家庭に問題を多く抱えているともいえます

では、ナゼそうなるのか?

  

社長は孤独です
いつも経営のことを考えていて
家族のことを考える暇もない

  

仕事ができる人は精力もあります
エネルギーがある
だから男性的な面が強いのです
そして、女性的な面を理解することができない
女性の女性らしさがわからないのです

 

女性はエネルギーのある男が好きです
もともと子孫を残すために女性は
強い男をひと目で見分ける力を持っています

  

だから、経営者になるようなエネルギーのある男に惹かれます
そしてもちろん、経営者になるような人は
若いころからもてるものです

  

が・・・しかし、結婚生活というのは
男性的な面だけのエネルギーではうまくいきづらいのです
なぜなら、おだやかに毎日を続けていく女性的な面と
衝動的な男性的な面は光と陰のように表と裏の関係だからです

 
少しは話をしてみようと思ってはいるんだが
どうもすれ違いが多くて話す時間がない

全く俺がこんなに忙しく働いているのにいい気なもんだ
こっちは、売上げを上げること、社員のことなど
 

お前の10倍も課題を抱えている
話があるならポイントを絞っていって欲しい

そんなすれ違いが重なるうちに・・・

  

結婚してみると女というのは別人のようだ
世界で一番俺の気持がわからないのはオレの女房だ

という気持も起こってくるようです

  

こんなに大変な思いをして働いているのに
何でお前は俺の気持がわからないんだ!
と、むしゃくしゃするときに限って
ドキッとするような女性が現われてモテはじめる

  

不思議とそういうことが起こるようです

英雄色を好むという表現があるように
強い男ほど奥さん以外の女性を作りたがるものです
もともと男性は一夫多妻を好むのです
 

家の中でうまく行かないと外に女性を作ることになる

そして、家庭が犠牲になる

対外的にはいい夫婦と見えていても
実際はそうでもないということも多いのです

  

あなたのところは大丈夫ですか?

帰ってみると奥さんが泣いている
こっちは忙しいんだよとあまり話すこともできずに時がたつ

  

この間の話が気になるなと思って切り出せば
もういい、とつれない返事

  

しばらくすると、書置きがあって
奥さんと子どももいなくなっている

タンスの中は空っぽ
映画にあるような場面を経験することになります

 

人ごとじゃない、自分のこととして
気をつけて下さい