,

日本理化学工業

 

日本理化学工業株式会社は日本ではじめて衛星無害の
炭酸カルシウムを原料にした「ダストレスチョーク」を製造、シェア30%のトップ企業

 

日本でいちばん大切にしたい会社」(あさ出版)で紹介されたように
知的障害者の雇用を49年間継続、現在、社員74人のうち、54名(73%)が障害者

 
その功績により、厚生労働大臣表彰、渋沢栄一賞
企業フィランソロピー大賞 特別賞 社会共生賞など受賞

 
入社の条件は4つ 

飲食、排泄は自分でできること
簡単な意思表示ができること
一生懸命仕事をする
まわりの人に迷惑をかけない

  

S35年、養護学校の先生が就職依頼にきて
「就職が無理なら攻めて働く経験だけでもさせてもらえませんか
 

施設に入れば、一生働くことも知らずにこの世を去ってしまう人となるので」
との言葉に2人の実習生を受け入れた。
 

実習生の2人は、周囲に余分の手はかかっても、昼のベルが鳴っても
手を止めず一生懸命に働き続けようとした
 

その姿に打たれた社員から、何とか就職させてあげられないかと言われ
たった2人ならと雇用に踏み切る 以来約50年障害者雇用を継続

  

障害者雇用は一石三鳥の社会貢献
@重度の障害者に働く場を提供でき、働く幸せを感じてもらえる
A障害者雇用により経済が発展する
B障害者が施設で過ごす40年にかかる2億円の税金を使わずにすむ

  

共生社会日本
えびす様は足の出ない障害児であり、足がでない、お銭がでないからと
商売の繁盛の神様となった 笑顔のえびす様をユーモアをもって受け入れる
日本人の器、共生の文化といえる

 
お釈迦様は、修行最高段位と言われる16羅漢の一人に知的障害者の周利槃特を選んだ
理由は、一生懸命に庭を掃除する彼の姿を見て、思わず手を合わせたくなる
無言で説法できる者だとして加えられたという
 

知的障害者の無言の説法により、知的障害者雇用の道を歩いてきた

知的障害者の価値ある存在に感謝し、より多くの障害者が社会で必要とされ
雇用促進が進むよう事業を進めている

  

導師に人間の究極の幸せは4つあると言われました
@人に愛されること
A人にほめられること
B人の役に立つこと
C人から必要とされること

 
働くことによって愛以外の3つは得られる
私はその愛までも得られると思うのです(大山泰弘)