,

ミーティングのための準備

@ミーティングのための準備

効果的なビジネスでの話し方について

@私はこうしたい
A理由はこうだから
Bたとえばこういうことがある
Cだから私はこうしたい

と言うと理論的でわかりやすい話し方になります

これはPREP法と似た言い方です
PREP法とは下記の言葉の頭文字です

POINT=ポイント、結論
REASON=理由
EXAMPLE=事例、具体例
POINT=ポイント、結論を繰り返す

PREP法とはつまり
@結論・ポイントA理由B具体例C再度、結論
を言うということです

私はバナナが好きだ
なぜなら、おいしいし、カロリーが高く早く消化されるから
例えば、テニス選手が試合中に食べることもあるほどだ
だから、私はバナナが好きだ
という感じです


そして、効果的なビジネスでの話し方で大切なことは
「私はこうしたい」なのです

これは「意思」です

これがこうなっているけど・・・どうしようかな(迷い)
どうしたらいいと思いますか?(依存)
教えてください(非主体的)

これらはすべて「自立」していないのです
自分に責任がない

そうではなく、間違っているかもしれないが
「私はこうしたい」が大切なのです

会社として、まず社長が「こうしたい」と発信する
それが、経営理念であり、営業方針になります

そのうえで、社員の人にリクエストする
「あなたはどうしたい?」
あなたの意志を聞きたいと・・・

このプロセスが「自立型組織」を作ることになるのです


「へーっ・・・なるほどね・・・」
なんて言っている場合ではないのです

「あなたはどうしたいですか?」